カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、2戦連発で3連勝!台湾・王柏融から届いた差し入れとは…

2019年11月8日

鈴木誠也、2戦連発で3連勝!台湾・王柏融から届いた差し入れとは…

<プレミア12:台湾1-8日本>◇1次ラウンドB組◇7日◇台湾・台中

侍ジャパン4番鈴木誠也外野手(25)が2試合連発で「プレミア12」1次ラウンド3連勝に導いた。大会3戦目の台湾戦は1回に先制の適時三塁打、2点リードの3回には強い逆風をものともしない2ラン、9回にも適時打を放った。

投手陣は先発今永昇太投手(26)の3回無失点から小刻みな継投でつなぎ、1失点にとどめた。日本と同じくすでに1次ラウンド突破を決めていた台湾戦で価値ある1勝を挙げ、対戦成績が持ち越されるスーパーラウンド1勝分もゲット。頂点へ、文句なしの3連勝で台湾に別れを告げる。

台湾の強風が大飛球を押し戻す。鈴木の脳裏には確信と不安の両方が交錯したという。「感触は良かったけど風も強かったので…」。

祈るように白球を見つめながら走りだした。2点リードの3回2死一塁、3ボール1ストライク。2番手左腕・王宗豪の真ん中139キロ直球を狙いすました。左翼から右翼に強く吹く逆風とフルスイングの対決。ボールは左中間席に届いた。流れを引き寄せる2ラン。4番は勝った。

「ここ2試合は応援も少なくて、お客さんも少なかった。そういう意味では楽しくできました」

完全アウェーの台中球場さえ心地よかった。観客席は台湾応援団で超満員となり、試合前から異様な盛り上がり。応援歌が爆音で流れ、男性によるマイクパフォーマンス、チアガールによる激しいダンスがさらに熱気を高めていた。1球1球に大歓声が飛ぶ環境。それでも鈴木はのまれなかった。

前日6日には「自分は外野で歌っていることが多い。(台湾の大応援を)楽しみたい」と笑顔。その言葉通り1回は先制の中越え適時三塁打。右翼守備では三塁へのレーザービームで球場を静かにさせ、7回には2戦連続の二盗も披露した。「打席に入ったら相手との勝負になるから(応援は)聞こえない。守っている時は楽しめました」。9回には適時打まで決めた。

振り返れば大会初戦前日の4日、侍ジャパンの球場ロッカールームにローストダックが差し入れられていた。贈り主は台湾代表の若きスター、日本ハム所属の王柏融。台湾では正月によく食べられるごちそうに感謝しつつ、勝負に入れば情は一切排除。4番は感謝の思いをバットに込めた。

台中は14年11月、侍戦士としてU21野球ワールドカップ決勝で台湾に敗れた舞台。当時の悔しさを1試合4打点で晴らし、ここまで3戦9打点、2盗塁は12カ国でトップ、2本塁打も最多タイの数字だ。堂々たる成績で1次ラウンド3連勝に導き、決勝ラウンドの地、日本に戻る。

「全部勝つつもりで試合に臨みたい」。何事にも動じない。日本の4番は誰の目にも頼もしい。(佐井陽介)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

誠也がMVP!3本塁打で全試合安打&4番で大活躍「信じられない」

誠也がMVP!3本塁打で全試合安打&4番で大活躍「信じられない」

野球の国際大会「第2回プレミア12」で、侍ジャパンが韓国を破って、初制覇した。主要大会で世界一に立つのは2009年の第2回WBC以来10年ぶりとなった。 打線を引っ張ったのは間違いなく全試合で4番に座 …

移動中の飲食の自粛を求める…NPB新型コロナウイルス対策連絡会議

移動中の飲食の自粛を求める…NPB新型コロナウイルス対策連絡会議

第12回「新型コロナウイルス対策連絡会議」(Web会議システムにて実施)が27日、行われた。 会議後の合同会見で日本野球機構(NPB)斉藤惇コミッショナーは「世界も、日本もコロナウイルスという病原菌と …

「現役ドラフト」今季導入の方向性一致…日本野球機構と選手会が協議

「現役ドラフト」今季導入の方向性一致…日本野球機構と選手会が協議

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が22日、都内で行われ、出場機会が少ない選手の移籍活性化を目的とした「現役ドラフト」(仮称・ブレイクスルードラフト)について、今季から実施することで …