カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

2019年11月8日

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

広島が8日、菊池涼介二塁手(29)のポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認すると発表した。

メジャーに飛び込んだ野手のうち、外野手ではイチロー、松井秀喜らが結果を残しているのに対し、過去8人を数える内野手組は厳しい試練が待ち受けていたのは多くの野球ファンが知るところだ。

そのうち、最も1年目から対応したのは2005年、ダイエーからWソックス入りした井口資仁二塁手。

レギュラーシーズン135試合に出場し、打率2割7分8厘、15本塁打、71打点、15盗塁と守備だけでなく攻撃面でも及第点の活躍で、チームのワールドシリーズ(WS)優勝にも大きく貢献した。

当時はまだ、メジャー球団が内野手に求める部分で、守備のウエートも大きかったが、本塁打が飛び交って打撃戦が急増してきた現在のメジャーでは守りのポジションというより、最低限の守備は必要だが、要求されるのはバッティングといえる。

二塁手に関して言えば、WSに出場したナショナルズのケンドリックは3割4分4厘、17本塁打、一方のアストロズのアルテューベは2割9分8厘で31本塁打をマーク、2人ともリーグ優勝決定シリーズでMVPに輝いたのは記憶に新しい。

地区シリーズ進出8チームに広げても、守備がメーンの二塁手はゴールドグラブにも輝いたカージナルスのウォン(2割8分5厘、11本塁打)くらいしかいない。

さて、数々のアクロバティックなプレーで日本プロ野球史上で守備だけなら最高ではないかと言われる菊池。

プレミア12でも12打数6安打と渋い打撃を見せている。かつて挑戦した内野手が苦労した塁上でのコンタクトプレーは、厳しくなったコリジョンルールで減ってきており、守備は問題ないかと思われる。

あとは、150キロを越える本格派や、微妙に変化するボールを投げ込む投手たちに対して、どこまで好打を披露できるかにかかっているといえそうだ。(蛭間豊章)

(※引用元 スポーツ報知)

関連記事

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

右大腿裏(ハムストリング)の筋挫傷で離脱した広島・丸佳浩外野手(29)が、5月下旬に始まる交流戦で復帰を目指していることが2日、分かった。4月28日の阪神戦(マツダ)で負傷交代し、現在は治療とトレーニ …

2019年プロ野球、去り行く戦士たち広島カープ(#10)岩本貴裕

2019年プロ野球、去り行く戦士たち広島カープ(#10)岩本貴裕

広島・背番号10 岩本貴裕 多くの引退発表があった2019年のプロ野球。引退者の中にはチームの主力として長年に渡り貢献を続けたレジェンド達も含まれた。ファンに愛され惜しまれながらもチームを去り行く戦士 …

床田寛樹「嫁さんがいなかったら何もできないです」栄養士の夫人支え

床田寛樹「嫁さんがいなかったら何もできないです」栄養士の夫人支え

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、選手も自宅で過ごす時間が増えている。1人暮らしの選手の中には、外食を控え、手料理に挑戦する選手も数多く出てきている。そんな中、「すごい栄養バランスを考えてくれて、食 …