カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

2019年11月8日

ポスティングシステムを容認された菊池涼介はメジャーで通用するか?

広島が8日、菊池涼介二塁手(29)のポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認すると発表した。

メジャーに飛び込んだ野手のうち、外野手ではイチロー、松井秀喜らが結果を残しているのに対し、過去8人を数える内野手組は厳しい試練が待ち受けていたのは多くの野球ファンが知るところだ。

そのうち、最も1年目から対応したのは2005年、ダイエーからWソックス入りした井口資仁二塁手。

レギュラーシーズン135試合に出場し、打率2割7分8厘、15本塁打、71打点、15盗塁と守備だけでなく攻撃面でも及第点の活躍で、チームのワールドシリーズ(WS)優勝にも大きく貢献した。

当時はまだ、メジャー球団が内野手に求める部分で、守備のウエートも大きかったが、本塁打が飛び交って打撃戦が急増してきた現在のメジャーでは守りのポジションというより、最低限の守備は必要だが、要求されるのはバッティングといえる。

二塁手に関して言えば、WSに出場したナショナルズのケンドリックは3割4分4厘、17本塁打、一方のアストロズのアルテューベは2割9分8厘で31本塁打をマーク、2人ともリーグ優勝決定シリーズでMVPに輝いたのは記憶に新しい。

地区シリーズ進出8チームに広げても、守備がメーンの二塁手はゴールドグラブにも輝いたカージナルスのウォン(2割8分5厘、11本塁打)くらいしかいない。

さて、数々のアクロバティックなプレーで日本プロ野球史上で守備だけなら最高ではないかと言われる菊池。

プレミア12でも12打数6安打と渋い打撃を見せている。かつて挑戦した内野手が苦労した塁上でのコンタクトプレーは、厳しくなったコリジョンルールで減ってきており、守備は問題ないかと思われる。

あとは、150キロを越える本格派や、微妙に変化するボールを投げ込む投手たちに対して、どこまで好打を披露できるかにかかっているといえそうだ。(蛭間豊章)

(※引用元 スポーツ報知)

関連記事

長野、移籍2年目の決意「皆さんに格好いい姿を見せられるように…」

長野、移籍2年目の決意「皆さんに格好いい姿を見せられるように…」

【広島・長野 単独インタビュー(2)】広島・長野久義外野手(35)が春季キャンプ休日の17日、スポニチ本紙の単独インタビューに応じた。(江尾卓也) ――奄美大島で新春の自主トレ。 「そうですね。内海( …

大瀬良、1カ月ぶり本拠マウンドで投球「感覚と動きが一致してきた」

大瀬良、1カ月ぶり本拠マウンドで投球「感覚と動きが一致してきた」

広島・大瀬良は2日、マツダスタジアムでの分離練習に参加し、本拠のマウンドで55球を投げ込んだ。 直球を中心にカーブやフォークなどを織り交ぜた。 セットポジションを多く取り入れた投球練習に、「試合はセッ …

扇の要でのルーティンが「ほぼ小林誠司」、中村奨成に「泣けてくる」

扇の要でのルーティンが「ほぼ小林誠司」、中村奨成に「泣けてくる」

2017年ドラ1・中村奨成の姿に「感激して目がウルウルする」 広島の中村奨成捕手が19日、東京ドームで行われた巨人戦で、プロ4年目にして初めてスタメンマスクを被った。「8番・捕手」でフル出場。初打点を …