カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

一岡が魔球解禁!揺れて落ちる「ナックルフォーク」…捕手も取れない

2019年11月11日

一岡が魔球解禁!揺れて落ちる「ナックルフォーク」…捕手も取れない

広島・一岡竜司投手(28)が10日、「落ちる魔球」の完全習得を期した。廿日市市内の大野練習場での秋季練習でブルペン入りし、「ナックルフォーク」を試投。揺れの大きさにブルペン捕手が数球後逸し、見守った大瀬良らを驚かせた。実戦では多投していない持ち球を、勝負球にまで磨きあげる自信を見せた。

揺れてから大きく落ちた。真後ろで見守った大瀬良と野村は「うわっ!」と同時に声を上げた。ボロメブルペン捕手は「すごい…。捕るのも難しい」と後逸。全76球のブルペン投球で数球試投した一岡のフォークが「落ちる魔球」と化して大野練習場のブルペンをざわつかせた。

「遅いフォークで勝負できる自信はある。極められたら、この球でご飯を食べられるぐらいになると思う」

球速の異なる2種類の落ち球を操り、シーズン中は主に135キロ前後の速いフォークを選択している。今回ナインを驚かせたのは、120キロ程度の遅いフォーク。回転数が少なく“ナックルフォーク”としてブレ球に変化する一方で、実戦投球は限定的だった。

「制球が不安定で、100%変化する球ではない。揺れずに落ちないこともある事故の多い球です」

完全習得すれば魔球に変身するフォークには、こだわりがある。「初めて覚えた変化球だし、この球でプロに入った」。プロ入り後に確率よく落ちる球を求めて“速いフォーク”を習得したが、決して“ナックルフォーク”を捨てることはなかった。

「最近カーブ、カットボールの割合が増えただけで、僕のようなタイプはフォークを消してはいけない。真っすぐと落ちる球で評価されていると思う。遅いフォークでも勝負したい」

今秋は大野練習場での秋季練習に参加。2日に1回のブルペン投球を課して、主力投手では異例の投げ込みを続けている。

「シーズン中の良かった時ぐらいの状態で投げられている。休んで良くなるタイプではない。ネットスローとかではなくて、12、1月も本格的に投げ込みたい」

今季33試合登板にとどまる原因となったコンディション不良は完治した。魔球を磨きながら、完全復活を期す来季への準備を進める。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

田中、遊撃争い小園の壁になる!右膝手術から2カ月半、完全復活へ

田中、遊撃争い小園の壁になる!右膝手術から2カ月半、完全復活へ

右膝半月板手術からの復活を目指す広島・田中広輔内野手(30)が9日、正遊撃手として高い壁になる意気込みを示した。廿日市市の大野練習場で復活への階段を順調に登っていた。前進ダッシュし、左右に振られながら …

松長通訳が明かす、エルドレッド『秘話』…日本に自ら歩み寄っていた

松長通訳が明かす、エルドレッド『秘話』…日本に自ら歩み寄っていた

広島・松長洋文通訳(41)がエルドレッドとの秘話を明かした。12年6月から7年間、間近に接し、「いろいろ教えられました。彼の方から歩み寄って信頼関係を築いてくれました」と感謝を口にする。最も印象に残っ …

小園海斗、プロ1年目は「死にそうになるくらい気持ちがやばかった」

小園海斗、プロ1年目は「死にそうになるくらい気持ちがやばかった」

「高校BIG3」と呼ばれ、18年ドラフト1位で広島に入団した小園海斗内野手(19)。シーズンオフもイベントに引っ張りだこで多忙な日々を送っている。 1年目の今季は、開幕1軍を果たし、球団の高卒新人記録 …