カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

2019年11月11日

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

順調にいけば、菊池涼介は広島東洋カープを退団し、来シーズンはメジャーリーグでプレーしているだろう。ただ、必ずしもそうなるとは限らない。

菊池は出塁率が低く、そうパワーがあるわけでもない。ここ3シーズン(2017~19年)の出塁率は.308、本塁打は計40本(年平均13.3本)だ。

この3シーズンに、メジャーリーグで1500打席以上に立った104人中、出塁率.308以下は12人(11.5%)、40本塁打以下は15人(14.4%)。どちらにも該当するのは、ビリー・ハミルトン(.297/8本)とホゼ・ペラーザ(.306/25本)の2人(1.9%)しかいない。

ハミルトンは、スピードスターの外野手だ。シンシナティ・レッズ時代の2014~17年には、4年続けて55盗塁以上を記録した(タイトルはなし)。けれども、カンザスシティ・ロイヤルズへ移った今シーズンは、8月半ばにロースターから外され、ウェーバー経由で移籍したアトランタ・ブレーブスでは控えに。シーズン終了後、オプションだった来シーズンの契約を破棄された。ペラーザは、現在もレッズに在籍。昨シーズンは正遊撃手を務めたが、今シーズンは内外野を守るユーティリティに戻った。今オフ、レッズから契約を解除されてもおかしくない。

これまでにメジャーリーグでプレーした日本人野手の例からすると、菊池の打撃成績が日本プロ野球時代より向上するとは考えにくい。守備がいくら優れていても、レギュラーとして菊池を迎え入れようとする球団は、メジャーリーグにはないだろう。

守備に関しても、天然芝のマツダスタジアムをホームとしてきたことはプラスながら、二塁以外を守らなくなって久しい点はマイナスだ。メジャーリーグでは、天然芝の球場が大半を占める。一方、他のポジション、なかでも遊撃を守れないとなると、内野のユーティリティとしての価値は下がる。過去に経験があるので大丈夫かもしれないが、現時点では未知数ということだ。

もしかすると、マイナーリーグ契約しか提示されない可能性もある。そうであっても、菊池は入団するのだろうか。

もっとも、マイナーリーグ契約でも、ノン・ロースター・インバイティ(キャンプ招待選手)として、メジャーリーグのスプリング・トレーニングには参加できるはずだ。それすらない契約しか得られないようであれば、代理人の選択を間違ったと言わざるを得ない。

ちなみに、メジャーリーグでプレーした日本人野手のうち、中村紀洋、川崎宗則、田中賢介の3人と、二刀流の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、マイナーリーグ契約からスタートした。大谷の場合は、25歳以下であったことからそうなった。4人のうち、川崎と大谷はメジャーリーグの開幕ロースターに入り、中村は開幕直後、田中は7月にAAAから昇格した。

(※引用元 Yahooニュース

関連記事

いまや人的補償の星!一岡竜司、『巨人時代』から年俸5倍超へ

いまや人的補償の星!一岡竜司、『巨人時代』から年俸5倍超へ

「やりがいのある1年だった。納得してハンコを押せました」そう言って満足そうにうなずいたのは、広島の一岡竜司(26)。 12日の契約更改で2500万円増となる年俸5300万円でサイン。59試合に登板して …

絶対、誠也がいい!連覇源泉は、カープ最強スカウトの眼力

絶対、誠也がいい!連覇源泉は、カープ最強スカウトの眼力

広島連覇は、スカウティングの勝利でもある。田中、菊池、丸、安部、西川らの主力野手はいずれも20代。薮田、岡田、大瀬良ら近年ドラフト上位で獲得した大卒投手も順調に頭角を現した。 中でも顕著な例が、高卒5 …

松山は3500万円増、11年目で年俸1億円の大台到達「長かった」

松山は3500万円増、11年目で年俸1億円の大台到達「長かった」

広島・松山は3連覇に貢献し、3500万円増の年俸1億円で来季の契約を更改。11年目で大台に乗り「(1年目の)650万円からここまで来られた。長かったけど、目標だったので素直にうれしい」と笑顔で語った。 …