カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

2019年11月11日

菊池涼介はメジャーリーグへ行かず、カープに残留する可能性も!?

順調にいけば、菊池涼介は広島東洋カープを退団し、来シーズンはメジャーリーグでプレーしているだろう。ただ、必ずしもそうなるとは限らない。

菊池は出塁率が低く、そうパワーがあるわけでもない。ここ3シーズン(2017~19年)の出塁率は.308、本塁打は計40本(年平均13.3本)だ。

この3シーズンに、メジャーリーグで1500打席以上に立った104人中、出塁率.308以下は12人(11.5%)、40本塁打以下は15人(14.4%)。どちらにも該当するのは、ビリー・ハミルトン(.297/8本)とホゼ・ペラーザ(.306/25本)の2人(1.9%)しかいない。

ハミルトンは、スピードスターの外野手だ。シンシナティ・レッズ時代の2014~17年には、4年続けて55盗塁以上を記録した(タイトルはなし)。けれども、カンザスシティ・ロイヤルズへ移った今シーズンは、8月半ばにロースターから外され、ウェーバー経由で移籍したアトランタ・ブレーブスでは控えに。シーズン終了後、オプションだった来シーズンの契約を破棄された。ペラーザは、現在もレッズに在籍。昨シーズンは正遊撃手を務めたが、今シーズンは内外野を守るユーティリティに戻った。今オフ、レッズから契約を解除されてもおかしくない。

これまでにメジャーリーグでプレーした日本人野手の例からすると、菊池の打撃成績が日本プロ野球時代より向上するとは考えにくい。守備がいくら優れていても、レギュラーとして菊池を迎え入れようとする球団は、メジャーリーグにはないだろう。

守備に関しても、天然芝のマツダスタジアムをホームとしてきたことはプラスながら、二塁以外を守らなくなって久しい点はマイナスだ。メジャーリーグでは、天然芝の球場が大半を占める。一方、他のポジション、なかでも遊撃を守れないとなると、内野のユーティリティとしての価値は下がる。過去に経験があるので大丈夫かもしれないが、現時点では未知数ということだ。

もしかすると、マイナーリーグ契約しか提示されない可能性もある。そうであっても、菊池は入団するのだろうか。

もっとも、マイナーリーグ契約でも、ノン・ロースター・インバイティ(キャンプ招待選手)として、メジャーリーグのスプリング・トレーニングには参加できるはずだ。それすらない契約しか得られないようであれば、代理人の選択を間違ったと言わざるを得ない。

ちなみに、メジャーリーグでプレーした日本人野手のうち、中村紀洋、川崎宗則、田中賢介の3人と、二刀流の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、マイナーリーグ契約からスタートした。大谷の場合は、25歳以下であったことからそうなった。4人のうち、川崎と大谷はメジャーリーグの開幕ロースターに入り、中村は開幕直後、田中は7月にAAAから昇格した。

(※引用元 Yahooニュース

関連記事

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

常広羽也斗ってどんな選手?岸孝之のフォーム+佐々木朗希のスタイル

10月26日に行われたドラフト会議で、広島が常広羽也斗(青山学院大)を1位で指名し、楽天との競合の末に交渉権を獲得した。彼が一体どんな選手なのかを紹介しよう。 【名前】常広羽也斗(つねひろ・はやと) …

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

吉田輝星、根尾昂…プロ野球『ドラフト会議(2018)』は大豊作!

プロのスカウトから熱視線を注がれる「ドラ1確実」の逸材たちを大紹介。読めば、指名発表が待ち遠しくなる! 10月25日、いよいよプロ野球のドラフト会議が行われる。今年は野球ファンに限らず、一般的にも知名 …

2022年カープの年俸ランキング、3億円の菊池涼介がトップに浮上

2022年カープの年俸ランキング、3億円の菊池涼介がトップに浮上

大瀬良大地と會沢翼は1億8000万円で並ぶ 2016年からセ・リーグ3連覇した広島も2019年以降は3年連続Bクラスに低迷している。ポスティングシステムを申請している鈴木誠也のメジャー移籍が決まらない …