カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ポスティングでメジャー挑戦の菊池涼介、マイナー契約なら残留要請へ

2019年11月13日

ポスティングでメジャー挑戦の菊池涼介、マイナー契約なら残留要請へ

広島が、ポスティングシステムでの大リーグ挑戦を容認した菊池涼介内野手(29)がメジャー契約を結べなかった場合、残留を促す方針であることが12日、分かった。

鈴木清明球団本部長(65)が「行くならメジャー契約。そうでなければ臆することなく帰ってきたらいい」と、入札された場合でも、マイナー契約ならオファーを拒否して、来季も広島でのプレーを求める考えを示した。

現制度では旧球団にポスティングの「撤回権」がないため、広島が入札球団に契約拒否を申し出ることはできない。

同本部長は「(マイナー契約でも)本人がチャレンジしたいと思うならそれでいい」と最終的には菊池涼の判断に委ねるとしながらも、年俸2億2000万円からの大幅減をのむよりは、もう1年チャンスを待つべきだと説いた。

これまで同システムを経てマイナー契約を結んだ日本人選手は、年齢制限が影響した17年オフの大谷翔平(日本ハム→エンゼルス)の例しかなく、入札されながらマイナー契約を理由に契約に至らなかった例はない。

球団は現在、ポスティング申請の準備を進めており、NPBへの手続き完了は週明けになる見込み。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

ドラフト5・石原貴規、バズーカさく裂…俊足・宇草孔基の二盗阻む!

ドラフト5位・石原貴規、バズーカさく裂!俊足・宇草孔基の二盗阻む

赤ヘル・バズーカがさく裂した。キャンプ最後の実戦形式となったシート打撃で、ドラフト5位・石原貴(天理大)が持ち前の強肩をアピールした。 薮田とのバッテリーで2死一塁の場面。俊足を武器とする同2位・宇草 …

菊池涼介のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか

菊池涼介のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか

広島は菊池涼介内野手(29)のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか、鈴木清明球団本部長(65)に聞いた。 「これまでの貢献に感謝している。攻守でチームを引っ張ってくれた。2016年は …

バティスタの来季契約白紙…鈴木本部長「するかしないか分からない」

バティスタの来季契約白紙…鈴木本部長「するかしないか分からない」

広島のサビエル・バティスタ外野手(27)の来季契約が白紙であることが10日、分かった。 球団はこの日、アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として来年3月2日まで6か月間の出場停止処分を受けた同選手が …