カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋季キャンプの『MVP』はケムナ&塹江、横山新投手コーチが選定!

2019年11月18日

秋季キャンプの『MVP』はケムナ&塹江、横山新投手コーチが選定!

「広島秋季キャンプ」(17日、日南)

投手陣再建へ、希望が膨らんだ。広島の横山竜士投手コーチ(43)が17日、所用のため一足早く秋季キャンプを打ち上げた。指導者として初めて選手と接し「すごくいいものを見させてもらった。楽しみな選手が多い」と手応え。“秋のMVP”にはケムナと塹江の名前を挙げた。

「ケムナはボールが強い。課題はあるけど良くなっている。塹江も左でいいボールを投げていた。それを実戦で出すだけだったが、実戦の中でも投げきれるようになってきた」

来季、飛躍が期待される剛腕2人だ。ケムナは大卒2年目の今季、初めて1軍を経験。5年目の塹江も3年ぶりに1軍マウンドに上がった。この秋もみやざきフェニックス・リーグ、秋季キャンプと好調を維持し、首脳陣へアピールを続けてきた。

佐々岡監督はリリーフの条件に「強い真っすぐ」を挙げ、「他のチームを見ても150キロは当たり前、バッターも対応している。そういう投手を後ろに置きたい気持ちはある」と構想を明かす。

横山コーチも監督の期待に応えるように、斬新な“インターバルピッチ”を導入するなど精力的に動いた。次回ナインとの再会は来春キャンプ。“新鬼軍曹”は若鯉の成長を心待ちにして、キャンプ地の日南を離れた。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

3年目コンビ・床田&坂倉が開幕1軍へ、猛アピール!緒方監督評価◎

広島の3年目コンビが宮崎・日南キャンプ第2クール最終日の7日、開幕1軍に向けて猛アピールした。 床田寛樹投手(23)はシート打撃で主力級の打者6人と対戦し、チームトップ、最速146キロの直球を主体に6 …

緒方監督「まだまだキャンプのつもりで」、キャンプ総括【一問一答】

緒方監督「まだまだキャンプのつもりで」、キャンプ総括【一問一答】

「広島春季キャンプ」(26日、コザ)この日でキャンプを打ち上げる緒方孝市監督がキャンプを総括した。 【以下、一問一答】 -キャンプ最終日を迎えて。 「終わってみれば、1カ月のキャンプは早かったなという …

微動だにしない…これが一流か?誠也が発するワールドクラスの威圧感

微動だにしない…これが一流か?誠也が発するワールドクラスの威圧感

◇龍の背に乗って<キャンプ編> ビシエドは4番で先発したが、1打席で退いた。広島の鈴木誠は4回に代打で登場。2人ともすぐに代走が送られたのは、グラウンドコンディションが悪かったからだ。強風、寒さ、雨。 …