カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

もしも、菊池涼介が去ったなら…、広島カープのセカンドはどうなる?

2019年11月19日

もしも、菊池涼介が去ったなら…、広島カープのセカンドはどうなる?

最も現実的なプランは……

広島の菊池涼介のポスティングによるメジャー挑戦の希望が、球団によって認められ、日本の誇る名セカンドは海の向こうを目指すことになった。今後、どのチームが手を挙げてくるかは注目だが、では、菊池涼が抜けた場合、カープのセカンドはどうなっていくのだろうか。

球団は、ポスティングが成立しなかった場合は残留も受け入れる姿勢を見せているが、獲得へ名乗りを上げる可能性のあるチームもいくつかウワサされているだけに、対応は考えておかなくてはならないだろう。

菊池涼は誰もが知る卓越した守備力を誇り、近年は「二番・セカンド」として、ほとんどのゲームに出場してきた。そのため、彼が抜けた場合、公式戦でセカンドを守ったことがある選手も、二番を打ったことがある選手も数えるほどしかおらず、ほぼ白紙の状態から、「セカンド争奪戦」がスタートすると言っていい。佐々岡真司新監督は、まだ具体的なプランは出していないので、あくまで予測となるが、展望してみたい。

最も現実的なプランは、現在3人いるショートの中から誰かをセカンドに回す、というプランだろう。3人のショートとは、小園海斗、三好匠、そして、この夏に右ヒザ手術を受け、復活を目指す田中広輔だ。田中広はすでにノックを受けたり、少し走ったりは可能な状態になっており、順調にいけば来春キャンプから本格的な動きもできる見込みで、そうなれば来季のレギュラー争い参戦も可能だ。

その場合、長期的なチームづくりの視点だけからいえば、小園には次代のショートとしてさらに経験を積ませ、FAも遠くない田中広をセカンドに回して、同時に次代のセカンドを育てる、というのが理想的だが、今の時点で、小園に「ハイどうぞ」とショートを渡すのでは田中広のプライドが許すまいし、小園のためにもなるまい。田中広自身が「セカンドで出る」を選ぶなら別だが、ここは、どちらが勝つにせよ、まずショートで競争、その後どちらかがセカンドへ、という段階を踏むことは必要になってくるだろう。

その場合、まずは他の選手でのセカンド争いが生まれることになるが、そこで最初に考えられるのが三好だ。もともと守備力には定評があり、セカンドもこなせる。もちろん菊池涼と同等を求めるのは酷だが、最も守備力を低下させない選択だと言えよう。その場合、課題は昨年、打率.182に終わった打撃か。ただ、三好は決して「打力が弱い」という感じの打者ではなく、パンチ力もあり、むしろ1割台に終わるのが不思議なくらいの選手。打撃でどこまで力を発揮できるかが勝負になる。

同様に、打力を磨ければチャンスが生まれてくるのが、今季、セカンドの控えの1番手だった曽根海成だ。守備と走塁はレギュラーに置いてもおかしくないだけのものがあり、こちらも今季.200に終わった打率の上昇がカギだろう。この選手ももう少し打率が上がっても不思議ではないセンスはあると思うのだが……。打率さえ残せれば、足があるので二番にすっぽりハメられるのがプラス要素。ただ、ユーティリティー性が高く、ベンチに置いておいたほうが使い勝手のいい選手でもあるので、レギュラーを奪うためには、打力でよほど突き抜けなければならないだろう。

打力を見せ続けた選手が勝ち残るか

曽根に近いタイプで、面白い存在なのが、昨年ファームで規定打席未満ながら打率.300を記録した、来季高卒2年目の羽月隆太郎だ。秋から打率を急上昇させており、佐々岡新監督も注目している選手。今季、ファームで23盗塁している足も魅力だ。体が小さく、まだ線が細い感じも残るので、いきなりフルシーズンレギュラーで、というのは考えにくいが、この秋つかんだ打撃の好感触が一軍でも通じるようなら、一躍ダークホースとなろう。

そのほかには、この秋、セカンド挑戦を開始した堂林翔太もいる。初挑戦のポジションであるうえ、近年は打率も2割台前半という結果が続いているだけに、打撃にも守備にもハードルはあるが、何かきっかけさえつかめば一気にポテンシャルが花開く可能性も秘める。また、いざとなればベテランでムードメーカーでもある上本崇司が入る可能性もあるが、この場合も打力がどこまで発揮できるか、ということになるか。もしもここまで挙げた選手の打撃がいずれも芳しくない場合は小窪哲也の起用の可能性も。

こう考えてくると、多くの候補者の中で、春から打力を見せ続けた選手が勝ち残ってくる、という戦いになることが濃厚だろうか。攻撃力最優先で考えれば、サードの安部友裕をセカンドに回して、サードにメヒア、というオプションも考えられるが、外国人枠の関係で、野手を多く入れられないチーム事情があり、これは可能性が低いか。

実は、カープは昨年はショートも小園が打率.213で田中広が.193。まさか2人とも来季もこの成績だとは思われないが、レギュラーに打率2割そこそこの野手を2人抱えては優勝を狙うことはなかなか難しい。ポジション争いという意味にとどまらず、チーム全体のことを考えても、来季、セカンド、ショートに入る野手がどれだけ打てるかは、カープの浮沈のカギを握る重要なポイントになってくるだろう。(文=藤本泰祐、写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

丸佳浩と広島カープ、必然の別れ…FAは『忠誠心』の踏み絵ではない

広島の街で久しぶりに巻き起こったFA狂騒曲は、丸佳浩が巨人移籍を表明して静けさを取り戻した。それまでが騒がしかっただけに、寂しさに打ちひしがれているように、広島の街は静まり返っていた。 地方の市民球団 …

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。 時間を見 …

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

猛練習でスイッチ転向 昭和の広島黄金時代。山本浩二と衣笠祥雄の“YK砲”が打線の中軸を担い、北別府学や大野豊ら投手陣は“投手王国”と評された。そんなチームを引っ張ったのが機動力だろう。スイッチヒッター …