カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞「見えないミス減らす」

2019年11月29日

誠也、2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞「見えないミス減らす」

広島鈴木誠也外野手が2年ぶり3度目のゴールデン・グラブ賞を受賞した。「足をケガして動けなくて、諦めてたところもあった。守備での怖さもほとんどなく、バンバン動けるようになって、また興味が出てきた。一瞬、くさりかけたけど、守備の意識を取り戻せた」。

一昨年の右足首負傷から完全復活を印象付けた。

今季は外野経験の浅い西川が中堅を守る機会が増えたことで、連携の再構築やポジショニング指示などのため、守備への意識が格段に上がった。

「もっともっと興味を持ってやっていきたい。(今年は)意識が変わる第1歩かな」とさらなる高みを目指す。来季は、今季の3失策から無失策が目標だ。

「捕球ミスはなくさないといけない。1つの外野のミスは走者を進めるだけでなく、大量失点につながる。(失策は)ゼロが一番。送球ミスも、見えないミスも減らして投手を助けられるようにしたい」。打撃だけでなく、守備でもチームに貢献する。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

坂倉、チーム・内川の自主トレに初参加!ハタチの誓いは「1軍帯同」

坂倉、チーム・内川の自主トレに初参加!ハタチの誓いは「1軍帯同」

広島・坂倉将吾捕手(20)が17日、宮崎・日向市のお倉ケ浜球場で自主トレを公開。ソフトバンク・内川率いる「チーム内川」に初めて参加し、チームメートの鈴木らと汗を流した。 内川の打撃技術を盗もうと、鈴木 …

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した1 …

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

広島・鈴木誠也外野手(25)は21日、“先生役”を通してさらなる進化への手応えを得たことを明かした。6日から宮崎県串間市内で行っていた野間らとの合同自主トレを前日20日に打ち上げて、廿日市市内の大野練 …