カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

米球団と交渉解禁も…カープ・菊池涼介には『守備職人』ゆえの壁が

2019年12月6日

米球団と交渉解禁も…カープ・菊池涼介には『守備職人』ゆえの壁が

「ニンジャ(忍者)」の異名をとる広島の菊池涼介(29)の米球団との交渉が解禁になった。

3日、広島の鈴木球団本部長がポスティングの手続きが完了したことを明らかにした。これにより譲渡金を払う意思のあるメジャー球団は、菊池サイドと自由に交渉できる。

菊池の最大の武器は二塁手としての守り。異名が示す通り、ときにアクロバチックな動きでピンチを救う。打撃面はパンチ力不足という評価も、2013年から7年連続でゴールデングラブ賞を受賞した守備力はメジャースカウトたちの間でも折り紙付き。

米メディアによればナショナルズ、アスレチックス、ダイヤモンドバックスなどが興味を持っているといわれるが、メジャーでは守備職人にとっての壁が存在するという。

「シフトですよ」と西海岸球団のスカウトがこう続ける。

「データ野球が全球団に浸透。特に内野はほとんどの球団が打者によって極端なシフトを敷いています。例えば左打者の場合は一、二塁間を3人で守るのが当たり前になっている。二塁手は以前ほど広い守備範囲を要求されないし、むしろ打撃優先の起用が目立つようになったのです。今オフは23本塁打のスコープ(28=ツインズからFA)や22本塁打のカストロ(29=マーリンズからFA)といった強打の選手が目玉です」

菊池には逆風が吹いているというのだが。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

鈴木誠也の2020年、「神ってる」打棒で責任と期待に応えられるか

鈴木誠也の2020年、「神ってる」打棒で責任と期待に応えられるか

プロ野球は春季キャンプを目の前にし、新シーズンへ向け、選手たちの自主トレのニュースで賑わっている。その中で、カープの鈴木誠也も、21日から広島県廿日市市内の練習場に場所を移し、若手選手たちのトレーニン …

中村奨成、誠也から激辛エールに発奮「さすがに危機感を感じている」

中村奨成、誠也から激辛エールに発奮「さすがに危機感を感じている」

広島・中村奨成捕手(20)は18日、鈴木誠也外野手(25)からの激辛エールを受けて、「絶対1軍」の誓いを新たにした。鈴木誠は若手野手の底上げに期待しており、高卒3年目での初昇格へ長打力アップを決意。廿 …

誠也が菅野攻略へ意気込み?集中力で「甘い球を打つ、それしかない」

誠也が菅野攻略へ意気込み?集中力で「甘い球を打つ、それしかない」

広島の4番鈴木誠也外野手は菅野攻略への思いを胸に秘めた。「打てないんじゃないですか」と話したのは、意気込みの裏返し。相手は日本球界で最も強く意識している投手の1人で「甘い球を打つ。それしかない」と集中 …