カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

2017年11月23日

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

懐かしい顔がヤクルトの愛媛・松山キャンプに加わった。2013-15年まで在籍した江村将也氏(30)だ。11月6日から5日間、打撃投手の入団テストとして、キャンプに参加。かつての仲間を相手に“登板”した。

「ピッチングコーチもしていますし、バッティングピッチャーも毎日していました。ボールがすごく投げやすかった。ユニホームも着させてもらっただけありがたい。幸せです」ヤクルトを退団後は、16年にBCリーグ・福島に入団。今季からは四国アイランドリーグ・香川の投手コーチに就任していた。

「ヤクルトの江村」と言えば“あの試合”が思い出される。

2013年4月23日の広島戦(神宮)。同点の八回二死一、二塁の場面から登板し、迎えたのはレジェンド・前田智徳だった。カウント2-2から投じた1球は、前田の左手首に当たる死球に。前田は激高し、その後、左尺骨を骨折したことが判明。同年限りで引退した。

「前田さんが引退をした後に、マツダスタジアムに解説をするために来ていたんです。そのときに、ごあいさつをして、あのときのことを謝ったら『いつの話をしとんじゃ』と言ってくれたんです」

江村氏にとっても、前田氏にとっても、大きな1球となった。だが、前田氏の心の大きさに江村氏は救われたという。「ずっと気にしていてくれたみたいで。その後も『球が力強くなってきたな』とか、『弟も頑張っているな』と声をかけてくださった。本当にいい方だなと思いました」と振り返る。

続きはまだある。その後、年賀状のやりとりをしたいと知人を通じて伝えたときのことだ。「そんなこといいよ。もっとやることがあるだろ?」と気を使った言葉をかけてくれたのだ。「すごくいい方です」と江村氏。1球で変わった人生。だが、自身のことよりも相手を気遣うレジェンドの姿勢に、江村氏も救われたのだ。(赤尾裕希)

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

広島・鈴木誠也外野手(25)は24日、東京五輪の1年程度の延期について言及し、「仕方ない」と複雑な胸中を吐露した。侍ジャパンの4番最有力候補として他競技選手の心情も思いやった。一方で4月24日の開幕を …

日本野球機構と12球団が「ワンポイント禁止」を今季、本格的に検討

日本野球機構と12球団が「ワンポイント禁止」を今季、本格的に検討

日本野球機構(NPB)と12球団が「ワンポイント禁止ルール」を今季、本格的に検討する。 22日、都内で12球団監督会議が行われた。メジャーで今季から投手は打者3人か、回を終了するまで投げなければならな …

ソフトバンクで2人目のコロナウィルス感染判明…4日の楽天戦中止も

ソフトバンクで2人目のコロナウィルス感染判明…4日の楽天戦中止も

ソフトバンク・三笠杉彦取締役ゼネラルマネジャー(46)が3日、オンラインにて記者会見を行った。2日に選手らに実施したPCR検査の結果を発表。監督、コーチ、選手ら86人は陰性判定を受けたが、スタッフの1 …