カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ育成入団から1年で支配下に!強力外野陣に挑む大盛穂の思考力

2019年12月12日

カープ育成入団から1年で支配下に!強力外野陣に挑む大盛穂の思考力

今オフの広島の来季へ向けた補強の動きは早かった。例年のようにFA市場に参戦はしなかったが、10月25日にDJ・ジョンソン投手の獲得を発表すると、11月2日に新外国人野手のホセ・ピレラ外野手の獲得。12月1日にはテイラー・スコット投手の獲得で、年越しを待たずに外国人の補強にめどを立てた。

12月9日には、広島市内のホテルで育成3選手を含めた新人9選手が入団発表会見を行った。注目のドラフト1位、明大の森下暢仁投手を始め、投手、捕手、野手。さらに即戦力、素材型と、バランスのいい指名となった。

佐々岡真司監督が「完璧」と振り返ったドラフトが終わってしばらく、広島球団から育成契約だった大盛穂(おおもり・みのる)の支配下選手登録が発表された。

野手がそろう中での支配下登録

「広島東洋カープに入団してから支配下登録されることを最初の目標にしていたので、大変嬉しく思います。(中略)本当のプロ野球選手としてのスタートラインに立つことが出来ましたので、自分の持ち味をどんどんアピールして、一軍の舞台で活躍できるように頑張ります。そしてお世話になった方々に恩返ししたいです。引き続き、温かいご声援の程よろしくお願いします」

新たな門出への意気込みは、ドラフト指名選手の動きが活発な中、決して大きく取り上げられなかった。ただ、すでに人材がそろっていると思われた広島外野陣に枠1つを使ってでも支配下登録した意味は大きい。

不動の右翼レギュラー鈴木誠也に加え、チーム随一の経験を誇る長野久義がいる。さらに俊足と守備力に加え、パンチ力も併せ持つ野間峻祥もいる。打力に勝る一塁兼任で松山竜平もいる。そこにメジャー経験のある新外国人ピレラ、ドラフト2位で即戦力外野手の宇草孔基まで加入。今季中堅のレギュラーに定着した西川龍馬が秋季キャンプで三塁に再挑戦させられるだけの陣容がそろっている。

今年、戦力外になった選手たちから聞かれた言葉は「一軍で勝負する武器がなかった」だった。プロの世界では一芸に秀でることが求められる。

チーム最多の109試合出場

ただ、来季の広島外野陣の中で一軍で試合に出るためには一芸があっても厳しい競争が待っている。

レギュラー陣には平均以上の打撃が求められ、プラスアルファの色が求められる。走力なのか、守備なのか、パワーなのか、それとも経験か。今の時代に求められる「イノベーション」は、プロ野球界でのし上がるためにも必要なことなのかもしれない。

大盛には足という武器がある。広島野球に欠かせない要素で、1年目からファームでチーム最多109試合に出場することもできた。

足だけで積み重ねた数字ではない。5月6日までは打率1割台に低迷していた。

「苦手なコースを徹底的に突かれて、意識していたら打てていたところも打てなくなっていった」

決してレベルが高いといえない大学時代から一気にランクアップしたプロの壁は想像よりも高かった。

乗り越えるために、考え、練習し、乗り越えてきた。大野練習場の場長は、毎晩のようにバットを振り込む大盛の姿を見ていた。

大盛はいわば「考える足」である

アマチュア時代もそうだった。飛龍高から静岡産業大学へ進学した。チームは決して強くなかったが、野球に対しての貪欲さを失ったことはない。静岡産業大では、監督交代もあって、主将となった大学4年時に監督代わりを務めた。

チーム状況や長所と短所、時期などを合わせて必要なものを考え、練習メニューを組んできた。自然と周囲を見て冷静に判断する能力が備わり、自分自身もより客観視できるようになった。

哲学者ブレーズ・パスカルは『パンセ』の中で「人間は考える葦である」という言葉を残した。「人間は、自然のうちで最も弱い1本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である」と。人間の自然の中における存在としてのか弱さと、思考する存在としての偉大さを言い表したものだ。

大盛はいわば「考える足」。まだ広島球団だけでなく、プロ野球界でか弱い存在に過ぎない。だが、考える力を育んできた。考える力が備わっている人は、前に進める。思考力は行動力と比例する。

信念を曲げず「強い気持ち」で取り組んできたからこそ、道が開けた。大学からの進路がすぐに決まったわけじゃない。社会人野球へ進もうにも、セレクションを兼ねた練習会参加を重ねても内定をもらうことができなかった。わずかな可能性にかけたプロ志望届で開けた道を自ら切り開いてきた。

まだ、体の線は細い。でも……

昨年ドラフトで広島から育成指名を受け「育成からでも這い上がっている人は這い上がっている。そういう人たちって、人間としても尊敬できる人だと思うので、そういう人になれるように頑張りたい」と、プロ入りしてもおごらなかった。

「自分が一番下だということは分かっているので、やるしかない」

ただ前だけを見て一歩一歩、歩みを進めてきた。

第一目標としていた支配下選手登録を1年目シーズン終了後に達成した。だが、まだゴールではない。オフはすでに、かつて金本知憲氏や新井貴浩氏ら広島OBも通った広島市内のジムに通い、肉体強化の日々を過ごしている。まだまだほかの選手と比べても、体の線は細い。筋力強化だけでなく、同じジムに通う一軍経験者と話し、意見交換することで考える力も蓄えられていく。ウエートトレーニングによる筋肉量の増加だけでなく、1日1日が来季以降の血肉となっていることだろう。

今オフの隠れた補強選手は、個性派ぞろいの強力広島外野陣に立ち向かう準備を着々と進めている。

(※引用元 Number Web

関連記事

貧打を変えた石井コーチの教え、カープ打線は7割の失敗を生かす

貧打を変えた石井コーチの教え、カープ打線は7割の失敗を生かす

横浜で20年間、広島で4年間プレーし、通算2432安打を記録した石井は、12年限りで現役を引退。そのまま広島に在籍して3年間、守備走塁コーチを務めた。その間、当然ながら、野手たちの打撃も間近に見ている …

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜け …

左腕不足に鍵を握る3投手、OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

左腕不足に鍵を握る3投手、OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

かつて川口和久氏との左腕2枚看板を築いた大野氏「左腕不足といえばそう」 投手力の優れたチームは強い。躍進を続けるカープにも強固な投手陣が存在する。しかし現状、先発の左腕不足はどうしても否めない。そんな …