カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

一度きりの野球人生、キクの思うように進んでほしい/新井貴浩コラム

2019年12月27日

一度きりの野球人生、キクの思うように進んでほしい/新井貴浩コラム

勝負強い打撃に、球界屈指の守備にと、キクは本当に魅力的な選手です。キクが二塁にいるということは、カープにとってすごく大きなことでした。キクは大学時代は遊撃を守っていて、2012年、カープに入団した当初も二軍では遊撃がメーンでした。私は阪神にいましたが、当時から、二塁をやったほうがキクの良さが生きると思っていました。

もちろん遊撃も大切なポジションですが、キクはピボットが得意で、高い確率でゲッツーが取れる。肩の強さに加えて、捕ってからの送球の速さ、正確さが群を抜いています。無理だなと思う場面でもゲッツーが取れれば、試合の流れも変わってくるのです。

私がカープに復帰してからは、私が一塁で4年間、一緒に守ってきましたが、あらためて二塁手・キクのすごさを何度も体感しました。例えば、打者が打ったとき、打者走者の足、打球の方向、打球の強さなどを総合的に見ながら、私は一塁ベースに入ります。そのときに「あッ、これ無理だな」というのは分かるものなのですが、キクの場合は「これ無理かな」と思ったときでも、ほぼアウトになったんです。「えッ、これアウトになるんだ!」と、何度となく驚かされました。

また、ランナー一塁で、打者が一、二塁間を抜くヒットを打った場合、打球次第ですが、一、三塁を作られてしまいます。一、三塁は得点が入りやすいケース。しかし、そんな場面でもキクの守備範囲があったら追いついて捕球し、最低でも1つアウトにしてくれます。

キクは、私の想像をはるかに超えるプレーの数々を披露してくれました。前回も書きましたが、キクの守備は、私が一緒にプレーさせてもらった選手の中では断トツです。もしキクがこのままカープを離れることになったら、次に二塁を守る選手は大変だと思います。どうしてもキクと比べられてしまいますからね。

とはいえ、キクのメジャー・リーグ挑戦に関しては、私としては温かく見守りたいと思っています。やはり一度しかない野球人生なので、本人の思うように進んでいってほしい。メジャー・リーグで通用するのか否かは、実際に経験しないと分かりません。あこがれの舞台で、キクがどれだけすごいのか、キクのレベルがどのくらいの位置にあるのかを、私自身も見てみたいのです。ただ、そう思う半面、キクがカープからいなくなるのか、寂しいなという思いがあるのも、正直なところです。

でも、やはりキクの野球人生ですから、どこに行こうと応援したいですね。私も、ファンの皆さんと同じように、ものすごくワクワク、ドキドキしています。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

11連敗の翌日に「カープ特集」を発売、Number編集長の告白!

11連敗の翌日に「カープ特集」を発売、Number編集長の告白!

本日発売の『Sports Graphic Number』最新号の特集は「カープに学べ。鯉のレッスン14講座」と題した、1冊丸ごと広島特集。しかし雑誌発売前日に20年ぶりの11連敗を記録し、シーズン前半 …

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

DeNAは過去5年で見ても苦戦する相手 長いペナントレースを制するためには「天敵を作らないこと」が大事な要素のひとつになる。大きく負け越す相手が1チームでもいるとトータルで貯金を積み重ねることは難しく …

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

プロ野球解説者の小田幸平氏がおくる、各球団の現在地。セ・リーグ3連覇を達成し、今シーズンは悲願の日本一を目指す広島カープ。「圧倒的な強さ」と語るその理由と、盟友・長野久義の変わらない姿勢を綴ります。 …