カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

會澤、侍ジャパン正捕手から因縁の新人・甲斐野への心配りとユーモア

2019年12月27日

會澤、侍ジャパン正捕手から因縁の新人・甲斐野への心配りとユーモア

ささいな心配りが、大舞台で生きることもある。広島・会沢翼捕手(31)は、11月の「プレミア12」で侍ジャパン入りし、全8試合のうち4試合に先発して世界一に貢献した。精神的支柱としての役割も大きく、12年に顔面死球、18年には2打席連続死球を受けた巨人・山口俊と親交深めたことでも話題を集めた。そして、侍の投手陣にはもう一人、死球に絡む因縁のある投手がいた。

3月24日ソフトバンクとのオープン戦、会沢は甲斐野の149キロの直球を顔面付近に受けて負傷退場した。今季から導入したフェースガードに守られたことで大事には至らなかったが、最悪のケースが一瞬頭をよぎる危険球だった。

それから、約2カ月が過ぎた6月4日のマツダスタジアム。ソフトバンクとの交流戦前の一塁ベンチ裏に、球団スタッフに付き添われる甲斐野がいた。会沢への謝罪に来たのである。新人とあって初めての経験に表情をこわばらせる中、ロッカールームから会沢が登場したと思いきや……。死球が当たった顔面付近を巨大な白いカーゼで大げさに覆う“大惨事メイク”をバッチリと決めて現れたのだ。

「気にしないで…。大丈夫だから…」

激痛に顔をゆがめるような迫真の演技まで付け足すと、甲斐野、球団スタッフらは緊張から解放されての大爆笑。会沢はニヤリと笑みを浮かべて、新人の不安を解いた。相手が負傷した場合などには後日、直接謝罪することはシーズン中に数回見かける光景ではあるが、遊び心を交えて出迎えたのは会沢らしい気遣いだった。

そして、ふたりは侍ジャパンで再会し、甲斐野は気兼ねなく女房役に投げ込んだ。会沢が大会期間中に評価を上げた要因には、他人のために行動できる男気にあったのかもしれない。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

早ければ8日にも優勝マジックが点灯する広島。チームで中軸を任されている鈴木誠也(23)が5日、DeNA戦で左翼スタンド上段に突き刺さる17号本塁打を放った。 この日は夏の全国高校野球が開幕。母校の二松 …

踏ん張れ、堂林!直近5試合で1安打「真のレギュラー」へ我慢のとき

踏ん張れ、堂林!直近5試合で1安打「真のレギュラー」へ我慢のとき

広島は16日の阪神戦で今季5度目の引き分けとなり、3日以来となる最下位に転落した。打線が2得点に終わり、2回以降を無失点でつないだ投手陣を援護できなかった。堂林翔太内野手(28)は、初回2死満塁で凡退 …

鯉のエース・大瀬良大地が『今季絶望』…右肘骨棘・骨膜の切除手術

鯉のエース・大瀬良大地が『今季絶望』…右肘骨棘・骨膜の切除手術

鯉のエース、今季絶望-。広島は16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘(こっきょく)切除・滑膜切除」の手術を受けたことを発表した。 大瀬良は今季2年連続開 …