カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介が契約更改し、誠也を抜いて球団の野手では史上最高年俸に!

2019年12月27日

菊池涼介、複数年で契約更改!年俸は誠也を抜いて、球団野手最高額に

ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指していた広島菊池涼介内野手(29)が27日、広島市内の球団事務所で会見し、チームに残留することを表明した。

同日に契約更改交渉に臨み、新たに年俸3億円プラス出来高払いの4年契約を結んだ。鈴木の2億8000万円を抜いて球団の野手では史上最高年俸となった。リーグ3連覇の立役者の1人が再びカープの一員としてV奪回を目指し、ダイヤモンドを駆け回る。(金額は推定)

菊池涼は赤いネクタイを締め、晴れやかな表情で堂々と宣言した。「本日カープ球団と残留の交渉をしまして、残留することを決めました」。1年前の契約更改交渉で球団にメジャー挑戦を志願した。球団はリーグ3連覇などの功績を評価し、今オフにポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を容認。代理人を通じて複数球団と交渉を続けたが、最終的に広島でプレーする道を選択した。

夢を後押ししてくれた球団への感謝の思いがあった。「FA市場の動きが遅い状況が続くのであれば、僕の思いをくんで快く(メジャー挑戦へ)出してくれたカープ球団に残ることを早く伝えた方がいいという決断に至りました」。日本時間の来年1月3日午前7時の交渉期限を待たず、26日に電話で球団、佐々岡監督に残留の意思を伝えた。

順調にいけば21年には海外フリーエージェント(FA)権を取得する。メジャー再挑戦の可能性について菊池涼は「年齢的に考えればやっぱり難しい。挑戦できれば向こうの国でプレーしたかった」とその思いは一時封印する。会見前には松田オーナーの下にあいさつに訪れ「来年から長い契約なので、しっかりリーダーになってくれ」と声を掛けられた。年俸3億円で4年契約を結んだことは「生涯カープ」の決意の裏返しとも受け取れる。

ここまでのプロ8年間を振り返った上でこう力強く言った。「やり残したことしかない。おごりはない。本当に悔いのないようにやるにはカープでやるのが一番だという選択だった。また新たな気持ちで、挑戦者として、戦い抜いていきたい」。V奪回、そして悲願の日本一へ広島の“忍者”がチームを頂点へ押し上げる。【古財稜明】

▽広島佐々岡監督 二塁手として存在は大きく、必要な選手。また野手を引っ張ってくれるだろう。本人は残念だろうけど、気持ちを切り替えてほしい。会沢、(野村)祐輔、長野が残ってくれて、最後、菊池の残留決断は大きかった。

▽広島鈴木球団本部長 彼がいなくなったら…と燃えていた若い人たちも、また奪い取るつもりで頑張ってほしいし、それがチームの力になる。

▽広島松田球団オーナー 本人にとってはどうか分からないけれど(球団としては)ありがたい。上に立って菊池らしいリーダーシップを発揮してもらいたい。

◆ポスティングシステムで移籍できなかった日本選手 02年オフの大塚晶文投手(近鉄)は中日にトレード移籍(03年オフにポスティングでパドレス移籍)。05年オフの入来祐作投手(日本ハム)は自由契約でメッツ入り。08年オフの三井浩二投手(西武)は残留。11年オフの真田裕貴投手(横浜)は自由契約になり、古巣巨人へ復帰。以上4人には入札がなかった。10年岩隈久志投手(楽天)11年中島裕之内野手(西武)には入札があったが、契約合意に至らず残留した。

(※引用元 日刊スポーツ)

関連記事

ロッテに対抗し、青天井…巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

ロッテに対抗し、青天井…巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

広島から国内FA宣言をしている丸佳浩(29)の獲得を目指す巨人、ロッテが条件闘争を繰り広げている。 当初、巨人が用意したのは5年25億円。それがロッテの参戦で30億円となり、スポーツ紙の報道でも5年総 …

野村と3度目の残留交渉も…進展なし、野村は「早く決断できれば…」

野村と3度目の残留交渉も…進展なし、野村は「早く決断できれば…」

広島は25日、マツダスタジアムで今季国内FA権を取得した野村祐輔投手と3度目の残留交渉を行った。 交渉役の鈴木球団本部長は「基本的に何も言うつもりはない。今日のところ動きはないということ」と説明した。 …

一岡、初の減俸で「納得」サイン…来季は「1年1軍でフルに投げる」

一岡、初の減俸で「納得」サイン…来季は「1年1軍でフルに投げる」

広島の一岡竜司投手が11日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、400万減の7300万円(金額推定)にサインした。 減俸での更改は初めてとなるが、ダウン幅は想像より狭かった。 「ここ2、3年を考慮し …