カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

担当記者が、言葉の節々から感じた鈴木誠也の『心の強さ』は異次元!

2020年1月1日

担当記者が、言葉の節々から感じた鈴木誠也の『心の強さ』は異次元!

広島・鈴木誠也外野手(25)が新春インタビューに応じ、今夏に開催される東京五輪での金メダル獲得を誓った。インタビューを終えた鯉番記者が感じた鈴木誠とは…。

鈴木誠の言葉の節々から、異次元の心の強さが感じられた。日本の4番という重圧もどこ吹く風だ。鈴木は「勝手に見ててください。僕はそんなこと、さらさら思ってないので」と涼しい顔で言った。

昨秋のプレミア12では4番で全試合に出場。打率.444、3本塁打、13打点。外国人独特の軌道を苦手とする打者もいる中、打席では「腕が投げてくるみたいな。ボールが来て白いボールを打つ」とシンプルな思考で結果を出した。

本番への心構えも「代表のユニホームを着て他の国と戦うと勝手に気持ちも高まってくると思う」と本能に委ねた。

東京五輪開催が決定した2013年、鈴木誠はプロ1年目だった。「決まったのも知らなかったです。それどころじゃなかった」。

目の前の目標に向かって突き進んできた結果、日本の4番にまで成長を遂げた。そしてメジャー挑戦という目標も現実的になってきた。向上心の塊でもある男は今年もファンにたくさんの夢を与えてくれるに違いない。(杉原史恭)

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

田中広輔、會澤翼に代わり『選手会長』就任で決意新た/増した責任感

田中広輔、會澤翼に代わり『選手会長』就任で決意新た/増した責任感

2018年から選手会長を2年間務めた會澤翼に代わり、田中広輔が新選手会長に就任。11月25日、広島市内のホテルで選手会納会が行われ、乾杯のあいさつで就任の決意表明を行った。 「来季より選手会長を務めさ …

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 黄金時代の最後に台頭した緒方 山本浩二 …

広島カープ、リーグ4連覇危機の『本当の元凶』は投手陣の救世主不在

広島カープ、リーグ4連覇危機の『本当の元凶』は投手陣の救世主不在

リーグ4連覇危機に立たされている広島の本当の元凶は、投手陣の救世主不在だ。球団史上初のリーグ3連覇の要因は、予期せぬ投手が大活躍。四半世紀ぶり優勝の16年は野村、連覇の17年は薮田、3連覇の18年は大 …