カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト1位・森下暢仁、目標への第一歩は「開幕ローテーション」!

2020年1月1日

ドラフト1位・森下暢仁、目標への第一歩は「開幕ローテーション」!

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)は、ルーキーイヤーとなる2020年の初夢を「開幕ローテーション」と書き込んだ。目標とする新人王への第一歩として、春季キャンプからのし烈な先発争いを勝ち抜く覚悟を示した。

即戦力としての役割を、十二分に理解しているのだろう。今年の初夢を書いてください――。記者からのお題に、森下が悩んだ時間はわずかだった。すぐにペンを走らせて「開幕ローテーション」と力強く書き込んだ。

「単独指名をしていただき、即戦力として期待してもらっている。まずは、先発ローテーションに入らないといけないな…と思っています」

2桁勝利……などと書かないのは、謙虚な森下らしい。佐々岡監督自ら獲得を熱望し、指揮官、前田健太(現ドジャース)らが背負った背番号18まで与えられた世代No・1右腕。周囲の期待は自然と高まる一方で、本人は至って冷静だ。

「数字のことは、よく分からないので…。先のことはあまり考えずに、1年目から頑張りたいな…という思いは持っています」

目標に公言する「新人王」のためにも、一歩目が肝心。春季キャンプの1軍スタートは決定的とあって、次の難関といえる「開幕」に全力を注ぐ。

「楽しみですけど、不安ももちろんあります。走ったりウエートに重点を置いて自主トレに備えています」

先発入りは大瀬良、ジョンソンが決定的。床田、九里、野村、アドゥワ、遠藤と実績組から有望な若手までがそろう。夢広がる千里の道も一歩から――。同僚との争いから、プロ野球選手としての戦いが幕を開ける。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

練習の虫・鈴木誠也が明かす…、高校時代は「練習が大嫌いだった!」

早ければ8日にも優勝マジックが点灯する広島。チームで中軸を任されている鈴木誠也(23)が5日、DeNA戦で左翼スタンド上段に突き刺さる17号本塁打を放った。 この日は夏の全国高校野球が開幕。母校の二松 …

ドーピング違反でカープ退団のバティスタにメキシコ球団からオファー

ドーピング違反でカープ退団のバティスタにメキシコ球団からオファー

メキシカンリーグは4月7日に開幕予定、オファーの球団名は明かされず メキシコの野球サイト「プロベイスボル」が3日(日本時間4日)、ドーピング違反で出場停止処分を受け、2日に広島から契約を解除されたサビ …

菊池涼介が国内『FA権』取得、ポスティングで米大リーグ移籍も視野

菊池涼介が国内『FA権』取得、ポスティングで米大リーグ移籍も視野

広島菊池涼介内野手(29)が10日、出場選手登録が8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 鈴木球団本部長は「なくてはならない存在。シーズンが終わってから話をします。本人 …