カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

小園海斗、プロ1年目は「死にそうになるくらい気持ちがやばかった」

2020年1月2日

小園海斗、プロ1年目は「死にそうになるくらい気持ちがやばかった」

「高校BIG3」と呼ばれ、18年ドラフト1位で広島に入団した小園海斗内野手(19)。シーズンオフもイベントに引っ張りだこで多忙な日々を送っている。

1年目の今季は、開幕1軍を果たし、球団の高卒新人記録を塗り替える4本塁打を放つなど、58試合に出場。打率2割1分3厘、16打点と高卒ルーキーにしては上出来の成績を残した。

報徳学園高時代から取材を受ける機会が多かったこともあるだろうが、19歳とは思えないほど落ち着いており、彼の素直さが伝わってくる。

年末年始の番組収録などで帰省した際には、母親に手料理を振る舞ってもらったといい「から揚げがおいしかったです。全然、お母さんの手料理を食べられていなかったので」とうれしそうに話を聞かせてくれた。

目まぐるしく過ぎていったルーキーイヤーを改めて振り返った小園は「毎日毎日、死にそうになるくらい気持ちがやばかった」。常にいいことばかりではなく、小園の失策を機に逆転負けを喫したこともあり「正直寝られないくらいだった」と活躍の裏ではプレッシャーとも戦っていた。

そんなシーズン中には、主力の鈴木誠也外野手(25)や西川龍馬内野手(25)に食事に連れて行ってもらう機会も多く「(2人は)練習しないとイヤくらいの気持ちでやっている。そういう選手になりたい」と彼らの背中からプロとしてあるべき姿を学んだという。

来季は2年目に入り、さらに期待がかかるが「全てにおいてまだまだ。体も強くないと1年間戦えないと分かった。今の活躍では1軍では無理。やれることは全力でやりたい」と着実に力をつけていくことを誓った。

来季は田中広輔内野手(30)も復活が期待され、ポジション争いはますます激化していくだろう。私自身、来季は小園と同じく“記者2年目”を迎えるが、昨年以上に飛躍していけるよう若きスターとともに頑張っていきたい。(坂口愛澄)

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

西川龍馬が広島市の病院で腓骨手術、佐々岡監督「2月には間に合う」

西川龍馬が広島市の病院で腓骨手術、佐々岡監督「2月には間に合う」

広島の西川龍馬内野手(25)が11日、広島市内の病院で「右腓骨(ひこつ)筋腱腱鞘形成術」を受けた。 7日阪神戦に代打で出場し、8日に出場選手登録を外れた。松原チーフトレーナーは「より良い状況で来季を迎 …

磯村が二塁打、現在6打席連続安打!『ミスター赤ヘル』に「あと3」

磯村が二塁打、現在6打席連続安打!『ミスター赤ヘル』に「あと3」

広島の磯村嘉孝捕手(26)が阪神戦(甲子園)の7回に代打で登場。左中間へ二塁打を放ち、先発マスクをかぶった12日のDeNA戦(マツダ)の第2打席から続く連続安打を6打席連続安打とした。 磯村は7回、2 …

赤松、引退会見に菊池の姿「闘病中にうっとうしいくらい連絡して…」

赤松、引退会見に菊池の姿「闘病中にうっとうしいくらい連絡して…」

広島・赤松真人外野手(37)は22日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。背番号38のユニホーム姿で会見場に現れて、「あまりこれといった成績も残していないけど、ここまで野球をやれたことは、みなさんの …