カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ルーキー、ドラ1森下&ドラ2宇草、開幕『1軍』へ健闘誓い合った!

2020年1月5日

ルーキー、ドラ1森下&ドラ2宇草、開幕『1軍』へ健闘誓い合った!

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=と同2位・宇草孔基外野手(22)=法大=の新春対談が実現した。高校3年時の日本代表で初めて出会い、東京六大学リーグでもしのぎを削った間柄。大学時代の思い出や同じユニホームを着て描く未来像などを語り合った。森下は新人王を目標に掲げ、宇草は一日一生の精神でグラウンドに立つと誓いを立てた。=ルーキーズ初夢対談2

-これまで広島に来たことは?

宇草「1回だけあります。小6のときに全国大会が広島であったんです。マツダスタジアムができた年かな。マツダで入場行進をして、試合は広島市民球場だった」

森下「へー」

-大学での初対戦は覚えている?

宇草「覚えてます。3年の春かな」

森下「結構、打たれてると思うよ」

宇草「結果は覚えていないんだよ。でも、見た通りすごい投手だった。素晴らしい、打てないッス」

-その後も何度か対戦があった。

森下「宇草は足が速いから逆方向を狙えばヒットになる可能性は高い。でも自分との対戦ではファーストゴロだったっていう印象が強いよ」

宇草「普段は常にセンター返しを意識するんだけど…。良い投手だから欲が出るんだよ。絶対に打ちたいと。欲を出し過ぎたね」

-大学進学を選んだ理由は?

森下「自分の中ではプロに行きたいと思ったけど、プロでできるかって考えたときにうまくいくイメージがなかった。怖い場所だという感覚があって。柳さん(中日)とか(坂本)誠志郎さん(阪神)に『4年間、大学で野球をやってプロに行っても、高校からプロに入ったメンバーと変わらない。野球に対する経験は、自分がやれば変わらないし、大学に行けば横のつながりもできる』と言ってもらった。善波前監督からも『必ずドラ1で行かせてやる』と言ってもらって」

宇草「僕はプロとか全く考えていなかった。大学でも野球を続けられるかなって心配していたぐらい。法政さんからお話をいただいて、お世話になりますと決めた」

-常総学院は全国屈指の強豪校。その中でセンバツにも出た。

宇草「プロに行きたいなと思っていましたけど、本当に現実味を帯びたのは、大学3年の秋が終わってから。それまではメンバーに入れなかったし、試合にも出ていなかった。社会人でできるかなと考えていた。先輩にもそういう相談をさせてもらった」

-大学4年間を振り返ると。

森下「高校のときは、ほぼ何もしていなかった。体幹や走り込み、ウオーミングアップやトレーニングも…。バッティングをして終わりの日とかもあった。今思うと、高校のときはめちゃめちゃ甘ちゃんだった。こんな状態で大学に行ったから、アップだけでしんどかった」

宇草「僕も高校時代はあんまりアップの時間はなかった。大学はアップがめっちゃ長いよね」

森下「高校時代は、授業が終わったらグラウンドに出てきてケージを準備。集合して『バッティング!』って。投手も野手と一緒。だから大学では野手と投手が分かれているというのが最初、意味がわからなかった」

宇草「オレも一緒。大学って、めっちゃ分かれてる」

森下「だから大学では、何でバッティングさせてくれんの?って思った」

宇草「暢仁ってめっちゃ打つからね。明治で一番嫌だった。マジでめっちゃ打つ」

森下「打撃と投球はつながっていると思ってるから(笑)」

宇草「出た!名言!」

森下「打撃はその場で回転したり、下半身を使わないといけないでしょ。ピッチングも同じ。投げることと打つことは、似ているんじゃないかなという考え」

宇草「リーグ戦で代打で出てきたことがあったよね。結果は三振だったけど、雰囲気が全然違った。落ち着いていた」

森下「結構、粘ったなぁ」

宇草「意味わかんないよ、投手が代打って」

-プロで打撃での目標は。

森下「ホームランは1本は打ちたいなっていう気持ちがあります。大学で打てなかったから」

-森下投手から見て宇草選手はどんな選手だった。

森下「六大学のオールスターで一緒だった時、練習での打球がみんなと違っていた。みんな真剣に振ってレフトのフェンス直撃だったのに、宇草は最後に出て来て、バックスクリーンへ3本くらいぶち込んだ。コンパクトに振って。ショートの位置で見ていたんだけど、すごいって思った」

宇草「みんな見てたから練習用の打撃をしたんだよ。ちょっと頑張ろうと思って」

-宇草選手は俊足も武器。森下投手もかなり警戒したのでは?

森下「けん制は練習しましたね」

宇草「めっちゃけん制するもんね、そしてうまい!一塁走者で盗塁を試みたのは1回だけかな。成功もその1回だけ」

-先輩選手に聞きたいことは?

森下「一番、聞きたいことは苦労したことですね。勝手なイメージだけど、ほとんどが苦労ばかりで、簡単にいかない世界だと思っているんです。やっておいた方が良いことを知りたい」

宇草「たくさんあるけど、プロは毎日試合がある。どういう気持ちで臨んでいるのかなと思う。良い日もあれば、悪い日もある。悪い日にどういう考え方で臨んでいるのか聞きたい。もちろん技術的なこともたくさん聞きたいですけど、シーズンの流れが全くわからないので、こういうときは、こういうことを意識した方がいいよとか。取り組み方とか考え方を聞きたいです」

-目指す選手像は?

宇草「どんなときも攻めていきたい。打撃と走塁が自分の長所。どんどん攻めていって、負けているときに流れを変えられる選手になりたいです。来年、クビになるかもしれない。自分はそれくらいの危機感を持ってやっていきます」

森下「結果を残して、できる限り長く野球を続けたい。そして、いずれは球界を代表する選手になりたいと思っています」

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

なんとか誠也!史上初の5年連続サヨナラ弾へ、4年連続は過去に5人

なんとか誠也!史上初の5年連続サヨナラ弾へ、4年連続は過去に5人

互いに譲らない試合をひと振りで終わらせる。サドンデスといえる「サヨナラ本塁打」は、本拠地を大いに盛りあげる。広島の鈴木誠也外野手(25)が今年も打てば、5年連続となる。まだ達成者はいない。 「エンディ …

佐々岡監督、森下を絶賛「センスを感じる」!新人合同自主トレを視察

佐々岡監督、森下を絶賛「センスを感じる」!新人合同自主トレを視察

広島の佐々岡真司監督が13日、廿日市市の大野練習場を訪れ、初めて新人合同自主トレを視察した。 ウオーミングアップやキャッチボール、ノックに目を配ると、その後は近隣の山道へ移動。高低差が約20メートルあ …

令和元年初日から24試合連続安打、小早川の記録を35年ぶり更新!

令和元年初日から24試合連続安打、小早川の記録を35年ぶり更新!

広島の西川龍馬内野手(24)が阪神戦(マツダ)の7回に入った第4打席で左中間二塁打を放ち、5番に座り始めた5月1日の阪神戦(甲子園)から24試合連続安打をマークした。 西川は令和がスタートした5月1日 …