カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2020年復活候補は?新選手会長の田中、長野、堂林、薮田、岡田…

2020年1月7日

2020年復活候補は?新選手会長の田中、長野、堂林、薮田、岡田…

昨年堂林は9月に5年ぶりサヨナラ打、長野は9月に打率.313と調子を戻した

2016年からセ・リーグ3連覇も、昨年は4位に沈んだ広島。緒方孝市氏が監督を退任して佐々岡真司氏が就任した今季、レギュラー争いも1からのスタートになりそうだ。ここでは2020年のカムバックに期待がかかる選手たちを取り上げたい。

○長野久義外野手(35歳)

新人王(2010年)、首位打者(11年)、最多安打(12年)を獲得した巨人のスターが、FA移籍した丸佳浩の人的補償として昨季加入した。しかし、72試合出場で打率.250、5本塁打、0盗塁。ルーキーからの2桁本塁打は9年連続で途絶えた。ただ、8月にバティスタがドーピング違反で出場停止になり、出場機会を確保すると調子を上げ、9月には打率.313をマークしたのは好材料。今季はまだまだ衰えない姿をアピールしたい。

○田中広輔内野手(30歳)

2016から3年連続フルイニング出場でリーグ3連覇に貢献した。2017年は打率.290、35盗塁で盗塁王に輝く活躍だった。しかし、昨季は打撃不振に陥り、フルイニング出場が635試合、連続出場が636試合でストップ。93試合で打率.193、8盗塁に終わった。今季は選手会長に就任、小園とのレギュラー争いに挑む。

○堂林翔太内野手(28歳)

2009年の夏の甲子園を中京大中京高の4番エースとして制覇し、ドラフト2位で入団した。入団3年目の2012年開幕戦で1軍デビューすると、全試合に出場してチーム最多の14本塁打。オフには野村謙二郎監督(当時)の背番号「7」を受け継いだが、12年の成績を超えられずにいる。昨季は28試出場に終わったが、9月には5年ぶりのサヨナラヒットも放った。佐々岡新監督となり、プロ11年目は勝負の1年となる。

○薮田和樹投手(27歳)

亜大から2014年ドラフト2位で入団。3年目の2017年に38登板(15先発)で15勝3敗、防御率2.58とブレークし、最高勝率に輝いた右腕。しかし、2018年は9登板(4先発)で2勝1敗、防御率5.74、昨季は4登板(2先発)で0勝2敗、防御率9.24に終わった。2年間で39回1/3を投げて42四球の制球難を改善して再起を図りたい。

○岡田明丈投手(26歳)

大商大から2015年ドラフト1位で入団。1年目から先発ローテーションに定着して日本シリーズでも好投し、2017年には24登板(22先発)で、12勝5敗、防御率4.00と活躍した。しかし昨季はプロ入り最少の3登板(2先発)に終わり、防御率は14.14。巻き返しなるか。

(※引用元 Full-Count

関連記事

ドラフト1位・栗林良吏に背番号「20」、新人7選手の背番号決定!

ドラフト1位・栗林良吏に背番号「20」、新人7選手の背番号決定!

ドラ2森浦は「13」、ドラ3大道は「12」 広島は30日、新入団選手の背番号が決定したと発表した。ドラフト1位の栗林良吏投手(トヨタ自動車)は通算213勝の北別府学氏、通算165セーブの永川勝浩氏がつ …

カープ・大瀬良が『初』の開幕投手へ!「日→土→金」法則で、決定的

カープ・大瀬良が『初』の開幕投手へ!「日→土→金」法則で、決定的

広島大瀬良が9日、DeNAとのオープン戦に先発する。前回3日から中5日での先発となり、2日に先発したジョンソンの登板日を飛ばす起用は、29日開幕戦登板を見越したものとみられる。 ケガによる登板順変更の …

菊池涼介のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか

菊池涼介のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか

広島は菊池涼介内野手(29)のポスティングシステムでのメジャー挑戦をなぜ容認したのか、鈴木清明球団本部長(65)に聞いた。 「これまでの貢献に感謝している。攻守でチームを引っ張ってくれた。2016年は …