カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

2020年1月13日

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

屈辱の経験を生かすことができるだろうか。広島床田寛樹投手(24)が昨年、1試合で5本塁打された。プロ入り3年目、新戦力として7勝(6敗)を挙げた中、プロの世界の怖さを知らされた。「世界行ってみたらホントはこんなトコだ(床田?)った」。

打ちのめされたのは、6月14日の楽天戦だ。茂木の先頭打者本塁打が始まりだった。ブラッシュ、ウィーラーが続いて1回に3本。2回には太田、浅村にも打たれた計5本。「5本といえば龍角散?」だが、ノドよりも、心の痛みが大きかったかもしれない。

大先輩の黒田博樹も同じ屈辱を浴びた。99年7月31日の巨人戦で、高橋由2、清水、二岡、マルティネスに5本。さすがのエースもこのときばかりは「お先真っ暗(黒?)だ」。床田には救いになるのかもしれない。実は一流投手に被本塁打5本の経験者が多い。

吉見(中日)は10年8月26日の巨人戦で、千賀(ソフトバンク)も18年7月31日の西武戦で5本塁打を浴びた。翌年、吉見は勝利、勝率、防御率の3冠に、千賀も昨年、最多奪三振に輝いた。床田が「5本の指に入る」投手に成長するか、それはたぶん、今年の投球にかかる。(米谷輝昭)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

佐々岡監督「V奪回宣言」も…最下位争いは、カープの悪しき『伝統』

佐々岡監督「V奪回宣言」も…最下位争いは、カープの悪しき『伝統』

高らかなV奪回宣言をしたのに、同じ新人監督同士の高津ヤクルトとの最下位争い。厳しい現実に直面する佐々岡広島だが、実は、皮肉なことに負の広島カープ監督史の伝統継承とも言える。 広島は、コーチ歴を重視して …

丸・誠也の2ショットに「ウェルカムですよ」、誠也の入団も熱望?!

丸・誠也の2ショットに「ウェルカムですよ」、誠也の入団も熱望?!

3月6日、読売ジャイアンツの公式インスタグラムにて丸佳浩選手と広島東洋カープの鈴木誠也選手のツーショット写真が投稿された。   View this post on Instagram &nb …

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

緒方、野村、江藤、前田…「『ポスト黄金時代』を彩った好打者たち」

プロ野球が産声を上げ、当初は“職業野球”と蔑まれながらも、やがて人気スポーツとして不動の地位を獲得した20世紀。躍動した男たちの姿を通して、その軌跡を振り返る。 黄金時代の最後に台頭した緒方 山本浩二 …