カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

2020年1月13日

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

屈辱の経験を生かすことができるだろうか。広島床田寛樹投手(24)が昨年、1試合で5本塁打された。プロ入り3年目、新戦力として7勝(6敗)を挙げた中、プロの世界の怖さを知らされた。「世界行ってみたらホントはこんなトコだ(床田?)った」。

打ちのめされたのは、6月14日の楽天戦だ。茂木の先頭打者本塁打が始まりだった。ブラッシュ、ウィーラーが続いて1回に3本。2回には太田、浅村にも打たれた計5本。「5本といえば龍角散?」だが、ノドよりも、心の痛みが大きかったかもしれない。

大先輩の黒田博樹も同じ屈辱を浴びた。99年7月31日の巨人戦で、高橋由2、清水、二岡、マルティネスに5本。さすがのエースもこのときばかりは「お先真っ暗(黒?)だ」。床田には救いになるのかもしれない。実は一流投手に被本塁打5本の経験者が多い。

吉見(中日)は10年8月26日の巨人戦で、千賀(ソフトバンク)も18年7月31日の西武戦で5本塁打を浴びた。翌年、吉見は勝利、勝率、防御率の3冠に、千賀も昨年、最多奪三振に輝いた。床田が「5本の指に入る」投手に成長するか、それはたぶん、今年の投球にかかる。(米谷輝昭)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が19日、自身のブログを更新。守護神として球団初のリーグ3連覇に貢献した後輩の中崎翔太投手(25)の状態を慮った。 …

新井が41歳までプレーできた原点!罵声、正座でファンから失笑も…

新井が41歳までプレーできた原点!罵声、正座でファンから失笑も…

1年目は53試合に出場。打率は.221だったが、一軍に居続けたことで数多くの収穫があった。一軍の1打席と、二軍の10打席なら、一軍の方が勉強になり、自分自身の血や肉になる。当時はそこまで思いが及ばなか …

小園、野村謙二郎氏に激白/ミスショット減へ『初球から』積極打法!

小園、野村謙二郎氏に激白/ミスショット減へ『初球から』積極打法!

広島・小園海斗内野手(19)がスポニチ本紙評論家の野村謙二郎氏との対談で積極打法へのこだわりを明かした。田中広との定位置争いに挑む2年目。昨季の苦い経験から今季の目標までを語り合った。(河合洋介) 野 …