カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

2020年1月13日

床田寛樹、屈辱の経験を生かすことができるか?5本の指に入る投手へ

屈辱の経験を生かすことができるだろうか。広島床田寛樹投手(24)が昨年、1試合で5本塁打された。プロ入り3年目、新戦力として7勝(6敗)を挙げた中、プロの世界の怖さを知らされた。「世界行ってみたらホントはこんなトコだ(床田?)った」。

打ちのめされたのは、6月14日の楽天戦だ。茂木の先頭打者本塁打が始まりだった。ブラッシュ、ウィーラーが続いて1回に3本。2回には太田、浅村にも打たれた計5本。「5本といえば龍角散?」だが、ノドよりも、心の痛みが大きかったかもしれない。

大先輩の黒田博樹も同じ屈辱を浴びた。99年7月31日の巨人戦で、高橋由2、清水、二岡、マルティネスに5本。さすがのエースもこのときばかりは「お先真っ暗(黒?)だ」。床田には救いになるのかもしれない。実は一流投手に被本塁打5本の経験者が多い。

吉見(中日)は10年8月26日の巨人戦で、千賀(ソフトバンク)も18年7月31日の西武戦で5本塁打を浴びた。翌年、吉見は勝利、勝率、防御率の3冠に、千賀も昨年、最多奪三振に輝いた。床田が「5本の指に入る」投手に成長するか、それはたぶん、今年の投球にかかる。(米谷輝昭)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

広島の大瀬良大地投手が5年目の今季、大きな進化を遂げようとしている。12日の阪神戦(マツダ)では7回1失点と好投し、リーグトップの5勝目。開幕投手の野村を欠く中、先発陣の中心的存在となっている。 活躍 …

つば九郎とカープ戦士の友情にネット感動「涙腺崩壊」「ありがとう」

つば九郎とカープ戦士の友情にネット感動「涙腺崩壊」「ありがとう」

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」と今季限りで現役引退した広島・天谷宗一郎外野手(35)の球団を超えた友情に感動する野球ファンが続出している。 つば九郎はつばめとは思えない交友の広さで知られ、その「 …

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

高卒2年目の昨季、田中法彦は将来性を感じさせるポテンシャルの高さを示した。ウエスタン・リーグでは主に抑えとして25試合に登板。1勝1敗12セーブ、防御率1.73と抜群の安定感をみせ、同リーグのセーブ王 …