カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良がエースの覚悟、北別府さんの助言を胸に…優勝と勇気届ける!

2020年1月22日

大瀬良がエースの覚悟、北別府さんの助言を胸に…優勝と勇気届ける!

広島の大瀬良大地投手(28)が21日、球団OBの北別府学氏(62)が20日に「成人T細胞白血病」であることを公表したことを受け、優勝を目指して戦う姿を通じ、勇気を届けていくことを誓った。野球面で助言を受けたことのある右腕は、通算213勝を挙げた偉大な先輩のためにも腕を振り、覇権奪回を目指す。

エースの系譜を受け継ぐ者として、大瀬良の表情に強い決意がにじんだ。通算213勝、2度の沢村賞に11年連続2桁勝利と数々の偉業を成し遂げた北別府氏。20日に「成人T細胞白血病」を公表したことを耳にした右腕は「本当にニュースを見てびっくりした」と驚きを口にした。

北別府氏とは先日、テレビ番組で共演する機会があり「その時は全然そういう(病気の)感じではなかった」と振り返る。だが、揺れ動いた心に宿ったのは大黒柱としての覚悟だ。「とにかく僕らができることは、カープの野球をして、優勝に向けて頑張ることだと思う。それが北別府さんの力になれば」と病と闘う先輩に吉報を届けることを誓った。

同じ投手として、これまでに同氏から「コントロールであったり、野球に対する考え方だったり、いろいろ教えていただく部分はあったので」と技術面から精神面に至るまで、さまざまな教えを受けたことを明かす。

だからこそ、それをグラウンドで体現してチームを勝利に導く役割が、大瀬良には求められる。「そういったところも胸に刻んで、しっかりと自主トレ、キャンプと成長できるようにやっていきたいなと思います」と自らに言い聞かせるように表情を引き締めた。

この日は大野練習場で行われた合同自主トレに参加し、今年初となるブルペン入り。捕手を立たせて21球、左足の踏み出し幅などを入念に確認しながら自身の感覚と対話した。従来の2段モーションを封印して挑む今季。傾斜を利用しての投球に「変な感じみたいなモノはなかった。そんなに力は入れていないけど、悪くはなかった」と納得顔を見せた。

このオフは後輩の戸田、床田と3人で合同トレを行っている。「色んな人に色んなことを教えてもらったので、(年が)下の子たちに還元していかないといけないと思っている。いい循環を築いていければ」との自覚を言葉に乗せた。背番号14がエースの使命を背負い、かつての大エースに勇姿と勇気を届ける。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

ジョンソンが出産立ち会いで一時帰国、痛手も…2軍投手陣にチャンス

ジョンソンが出産立ち会いで一時帰国、痛手も…2軍投手陣にチャンス

広島は18日、クリス・ジョンソン投手(33)が第1子の出産に立ち会うため出場選手登録を抹消し、19日から米国へ一時帰国することを発表した。 野村、薮田が不在の状況の中、開幕からここまでローテに君臨し続 …

丸が『異例』の早期復帰「怖さ?ないです」、代打・交流戦でDH起用

丸が『異例』の早期復帰「怖さ?ないです」、代打・交流戦でDH起用

右太もも裏の筋挫傷で離脱していた広島・丸佳浩外野手(29)が25日の中日戦(マツダ)から1軍に復帰することが24日、分かった。22日の紅白戦(由宇)で実戦復帰を果たし、異例の早期復帰が決定。当面は代打 …

中村奨成、体重増で開幕1軍をつかむ!目指す、オフに80→85キロ

中村奨成、体重増で開幕1軍をつかむ!目指す、オフに80→85キロ

広島・中村奨成捕手(19)が2日、オフ期間に現在の体重80キロから5キロの増量を目標に掲げ、頑健な体作りと打力アップを図る姿勢を示した。ルーキーイヤーの今季は1軍昇格なし。今春のキャンプ中などに発して …