カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ミスをして、悔し涙を流しても…打撃時の鈴木誠也に『殺気』を感じた

2020年1月30日

ミスをして、悔し涙を流しても…打撃時の鈴木誠也に『殺気』を感じた

球界一といわれる鉄砲肩は鈴木誠也の魅力である。

打撃に影響しては困るため新人の時に挑戦した遊撃は断念。2年目には外野が主になった。そんな頃、誠也の右翼からのバックホームの送球を見て、私は度肝を抜かれた。

低い球が一、二塁間から少し本塁寄りのところでワンバウンド。それがそのまま捕手のミットに吸い込まれた。普通、その辺りでバウンドすれば、肩が強い選手でも2バウンドか3バウンド。並の選手の送球ならゴロになってしまう。

それが、誠也の球は回転数が多いため、バウンドしてから伸びるのだ。内野手の頭の高さのまま、ダイレクトで到達することもある。まさに「レーザービーム」。誠也は外野の守備でもファンを魅了できる。その代わり、とんでもない暴投も多かった。

試合に出始めた頃は、ミスが多く、悔し涙を流す姿をよく見た。そんな負けん気の強さが武器でもある。コーチにアドバイスをされると、にらみ返すような強い目力で話を聞いている。

人の話を「はい、はい」と聞く選手や、コーチにあれこれ言われてしまう“スキのある”選手より、伸びる選手、一流になる選手は、こちらが何かを言いにくい雰囲気を出していることが多い。巨人なら清原和博、松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助、坂本勇人らがそう。打撃練習中は横から声をかけにくかった。誠也も同様だ。

それどころか、打撃中の誠也には「殺気」すら感じた。他の選手にも言ってはいけないが、誠也には特に「中途半端なことは言えないな」と感じたものだ。

巨人に坂本が入団した頃、原辰徳監督が内角球をさばくため、「自分の体の前でグリップが『Vの字』を描くイメージ」と指導した。これと理論は同じだが、私は誠也に「グリップをヘソの前に出せ」とアドバイスしたのを思い出す。

■新人の頃から自然とやっていた「量が質を作る」

伸びたのはいくつか理由がある。情報を自分で取捨選択できること。練習熱心で貪欲。自分から行動を起こして理解を深められるタイプだった。

私の持論に「量が質を作る」というものがある。新人の頃、アウトサイドインのスイングを矯正するための練習を黙々とやり、それをクリア。質が高まってきたら、さらに質を高めるため、また努力をする。そんな姿が坂本と重なる。2人とも3番打者タイプだが、振り切ることで最近は本塁打数も増えている。

誠也は昨年のプレミア12で侍ジャパンの4番を任された。データが少ない国際大会でも自分のパフォーマンスが出せていて頼もしく感じた。直球を待って変化球に対応できる。基本だが、実はこれが難しいのだ。

2016年からリーグ3連覇を達成した広島で、誠也を4番に定着させ、昨季限りで退任した緒方孝市監督の若い頃を思い出している。(内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

移籍・長野がカープで「ジェントルマン」と呼ばれる理由/小田幸平氏

プロ野球解説者の小田幸平氏がおくる、各球団の現在地。セ・リーグ3連覇を達成し、今シーズンは悲願の日本一を目指す広島カープ。「圧倒的な強さ」と語るその理由と、盟友・長野久義の変わらない姿勢を綴ります。 …

V4狙うはずが…まさかの大不振、「丸の穴」よりも大きな原因とは?

V4狙うはずが…まさかの大不振、「丸の穴」よりも大きな原因とは?

3年連続リーグ優勝から、まさかの最下位へ。広島の不振ぶりがいよいよシャレにならなくなってきた。 12日のDeNA戦(横浜)では、不振の田中広を1番から8番に下げ、3番を打っていた野間を1番、新3番にバ …

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

緒方監督、『リーグ3連覇』の次なる2つの関門「短期決戦が下手…」

球団史上初のリーグ3連覇へ独走で視界良好。第一関門突破は時間の問題の広島・緒方孝市(49)監督だが、次なる関門が控えている。 「球団史上初のリーグ3連覇は難しいだろう。2人に代わるコーチはいない。今の …