カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ミスをして、悔し涙を流しても…打撃時の鈴木誠也に『殺気』を感じた

2020年1月30日

ミスをして、悔し涙を流しても…打撃時の鈴木誠也に『殺気』を感じた

球界一といわれる鉄砲肩は鈴木誠也の魅力である。

打撃に影響しては困るため新人の時に挑戦した遊撃は断念。2年目には外野が主になった。そんな頃、誠也の右翼からのバックホームの送球を見て、私は度肝を抜かれた。

低い球が一、二塁間から少し本塁寄りのところでワンバウンド。それがそのまま捕手のミットに吸い込まれた。普通、その辺りでバウンドすれば、肩が強い選手でも2バウンドか3バウンド。並の選手の送球ならゴロになってしまう。

それが、誠也の球は回転数が多いため、バウンドしてから伸びるのだ。内野手の頭の高さのまま、ダイレクトで到達することもある。まさに「レーザービーム」。誠也は外野の守備でもファンを魅了できる。その代わり、とんでもない暴投も多かった。

試合に出始めた頃は、ミスが多く、悔し涙を流す姿をよく見た。そんな負けん気の強さが武器でもある。コーチにアドバイスをされると、にらみ返すような強い目力で話を聞いている。

人の話を「はい、はい」と聞く選手や、コーチにあれこれ言われてしまう“スキのある”選手より、伸びる選手、一流になる選手は、こちらが何かを言いにくい雰囲気を出していることが多い。巨人なら清原和博、松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助、坂本勇人らがそう。打撃練習中は横から声をかけにくかった。誠也も同様だ。

それどころか、打撃中の誠也には「殺気」すら感じた。他の選手にも言ってはいけないが、誠也には特に「中途半端なことは言えないな」と感じたものだ。

巨人に坂本が入団した頃、原辰徳監督が内角球をさばくため、「自分の体の前でグリップが『Vの字』を描くイメージ」と指導した。これと理論は同じだが、私は誠也に「グリップをヘソの前に出せ」とアドバイスしたのを思い出す。

■新人の頃から自然とやっていた「量が質を作る」

伸びたのはいくつか理由がある。情報を自分で取捨選択できること。練習熱心で貪欲。自分から行動を起こして理解を深められるタイプだった。

私の持論に「量が質を作る」というものがある。新人の頃、アウトサイドインのスイングを矯正するための練習を黙々とやり、それをクリア。質が高まってきたら、さらに質を高めるため、また努力をする。そんな姿が坂本と重なる。2人とも3番打者タイプだが、振り切ることで最近は本塁打数も増えている。

誠也は昨年のプレミア12で侍ジャパンの4番を任された。データが少ない国際大会でも自分のパフォーマンスが出せていて頼もしく感じた。直球を待って変化球に対応できる。基本だが、実はこれが難しいのだ。

2016年からリーグ3連覇を達成した広島で、誠也を4番に定着させ、昨季限りで退任した緒方孝市監督の若い頃を思い出している。(内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

菊池涼介、勝つための手段としての芸術的な守備/守備職人のプライド

菊池涼介の芸術的な守備は今年も健在だ。変幻自在の動きで、何度も投手陣を救っている。3月29日の巨人との開幕戦(マツダ広島)で失策を記録し、4月10日のヤクルト戦(同)では2失策。 「究極の目標は失策ゼ …

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …

マツダスタジアムで感じる『一体感』、そのお供に必要な「目」とは?

マツダスタジアムで感じる『一体感』、そのお供に必要な「目」とは?

あれは確か、2年前の春だったと思う。 広島東洋カープの本拠地マツダスタジアムで、新井貴浩の取材をした。インタビュー前に一塁側のスタンドで撮影をすることになったのだが、その時、新井が巨体を客席に収めなが …