カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

フランスア、日本左腕最速160キロ超えに自信「私、頑張ります!」

2020年1月31日

フランスア、日本左腕最速160キロ超えに自信「私、頑張ります!」

広島のヘロニモ・フランスア投手(26)が30日、マツダ屋内練習場での合同自主トレに初参加し、左腕での日本最速となる160キロ超えに自信をのぞかせた。オフは故郷のドミニカ共和国でウインターリーグに参戦し、課題とする先頭打者への入り方を徹底練習。

クローザーを含む勝利の方程式の一員として、今季のフル回転を誓った。

合同自主トレ打ち上げ日。合流したフランスアは、同僚ナインやスタッフと久々の再会を喜び合い、笑顔で練習の輪に加わった。28日に来日し、同日夜に広島入り。前日29日にもメヒアと軽く汗を流していただけに、動きは軽い。

「ドミニカではトレーニングと、先頭打者(の入り)を意識して練習してきた。スタートが遅かったから」

打者を圧倒してリーグ3連覇に貢献した18年から一転、クローザーを務めた昨季は確かに先頭打者の出塁を許す場面が目立った。データは雄弁だ。被打率は昨季通算でも・213なのに、最初の打者に限ると60打数19安打(7四死球)、同・317へと跳ね上がる。

「(昨季は)打者が慣れてきたのかも。ただ、悪かった部分は反省しないといけない」

課題解消へ、母国ではウインターリーグ8試合に登板。エンジン始動を早くし、100%の力で先頭打者を抑え込めるよう、意識して取り組んだという。

勝たなければならない相手がいる。勝利の方程式を担う候補として、チームにはDJ・ジョンソン、スコットの右腕2人が新加入。抑えの座はもちろん、在籍5年で57勝を誇る先発・ジョンソンを含めた外国人枠争いはし烈だ。それでも26歳は泰然自若だった。

「ライバルは1軍に上がった時からずっといる。だから意識はしない。意識するのは自分の仕事。クローザーやセットアッパーに限らず7回でも、任された役割を果たしたい」

みなぎる自信。積み重ねたトレーニングに手応えがあるのか、記録にも言及した。

「調子が良ければ160キロは出ると思う」

左腕の日本最速は、19年6月9日にDeNA・エスコバーが計測した160キロだけに、自己最速158キロのフランスアなら可能性は十分ある。いや、日本記録更新の期待すら膨らむ。意気込みを問うと、白い歯をのぞかせて日本語で言った。

「私、頑張ります」

打者を圧倒し、球史に名を刻む剛速球は見られるか。V奪回への貢献を誓う豪腕助っ人から目が離せない。(江尾卓也)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

来季の秘密兵器…コルニエルが7回1失点!佐々岡監督「球の力ある」

来季の秘密兵器…コルニエルが7回1失点!佐々岡監督「球の力ある」

来季の秘密兵器だ。広島ロベルト・コルニエル投手(25)が24日、みやざきフェニックスリーグDeNA戦に先発し、7回4安打1失点と好投した。 視察した佐々岡真司監督は「フィールディング、けん制などの基本 …

永川勝浩、『引退』スピーチで男泣き「すべての皆さまに感謝します」

永川勝浩、『引退』スピーチで男泣き「すべての皆さまに感謝します」

球団最多の通算165セーブを挙げ、今季限りでの現役引退を6日に表明した広島の元守護神・永川勝浩投手(38)が23日の中日戦(マツダ)で先発登板。大島をオール直球勝負で一ゴロに打ち取って降板し、17年間 …

田中広輔、連続試合出場に終止符…監督が「今まで、我慢してくれた」

田中広輔、連続試合出場に終止符…監督が「今まで、我慢してくれた」

広島の田中広輔内野手(29)が2試合連続のスタメン落ち。20日のロッテ戦(マツダ)は途中出場したが、この日は最後まで出番がなく、連続試合出場が「636」で止まった。 2015年4月1日のDeNA戦(横 …