カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井貴浩「4番を外してください」…金本知憲のFA移籍で大ブレーキ

2020年2月5日

新井貴浩「4番を外してください」…金本知憲のFA移籍で大ブレーキ

「どうしても結果が出ません。4番を外してください」新井貴浩が一軍の打撃コーチだった私のところにやってきた。

2003年、金本知憲が阪神にFA移籍後、4番に座った新井は、精神的支柱だった兄貴分が抜け、この年は打率・236、19本塁打と低迷。当時26歳だった新井の将来性を見込んで辛抱強く起用した山本浩二監督は、シーズン中に新井と私を監督室に呼び、こう励ました。

「オレも27歳からブレークした。それまではそこそこの数字しか出していなかった。おまえはまだ26歳なんだから、もう一回頑張ってみろ。今が踏ん張りどころや」

山本監督は現役時代、大学(法大)出身者の日本記録となる通算536本塁打を放っている。4度の本塁打王、3度の打点王のタイトルは、いずれも30歳以降。大器晩成型の選手だった。

本拠地でナイターがある日は、灼熱の太陽が照り付ける真夏だろうが、午前中から新井と毎日特打を繰り返した。球を待ち過ぎるあまり、すぐに追い込まれ、ボール球に手を出す悪循環に陥っていたため、「好球必打」を徹底させた。

2年後の05年、打率・305、94打点、43本で本塁打王を獲得。この時は自分のことのようにうれしかったが、43発や自身初の3割超えより、引っ張り専門だった新井が逆方向へ打てるようになり、打点が36から94に増えたことを私は評価した。

■大下ヘッドの過酷な練習に耐えた頑健な体

駒大から1998年のドラフト6位で入団後、大学の先輩でもある大下剛史ヘッドコーチに徹底的にしごかれ、ここまでの選手に成長した。

駒大時代に突出した成績を残したわけではない。守備力もなかった。だから、朝からノックを受けて泥にまみれた。守備から打撃まで、やることは山積みだった。大下ヘッドからすれば、後輩だし、なんとかモノにしてやりたいということだったのだと思う。

地元・広島出身で体が大きいという長所こそあったものの、周囲は新井を「化けたらいいな」程度にしか見ていなかった。モノになった一番の要因は、大下ヘッドにしごきのような過酷な練習を課されても、故障をしない頑健さがあったことだ。

07年オフに阪神にFA移籍した時は驚いたが、14年オフに古巣・広島に復帰。FAでチームを出た選手は二度とカープに戻れないという暗黙の了解があったが、新井のプレーや人間性がファンや球団に受け入れられたということだ。

16年に2000安打を達成。まさかあの新井がこんな大選手になるとは……。名球会入りした名選手の中で、新井ほど練習を積んだ選手がいただろうか。(内田順三/前巨人巡回打撃コーチ)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

リーグ2位で優勝争い繰り広げながらも…変革の中で漂う重苦しい空気

リーグ2位で優勝争い繰り広げながらも…変革の中で漂う重苦しい空気

トレードに2軍通告。広島緒方孝市監督(50)がチームの変革を推し進めている。試合前には下水流と楽天三好との交換トレードが発表され、巨人から移籍の長野は2軍合流となった。リーグ最下位のヤクルトとの接戦を …

菊池涼介と山田哲人の守備数値比較。19年、鉄壁の二塁手はどっち?

菊池涼介と山田哲人の守備数値比較。19年、鉄壁の二塁手はどっち?

レギュラーシーズンが間もなく終了する。今年もいろいろなタイトルが決まり、いろんなアワードも決定する。私が毎年、微妙な思いを抱いているのが「ゴールデン・グラブ賞」、つまり守備のベストナインだ。 「ポジシ …

カープの剛腕はスゴかった!「なんならもう1回」とノーヒッター3度

カープの剛腕はスゴかった!「なんならもう1回」とノーヒッター3度

平成の頃から、どこかセピア色に映っていた「昭和」。まして元号が令和になったいま、昭和は遠い過去になろうとしている。そんな時代の球場で輝いた選手の貴重なインタビュー素材を発掘し、個性あふれる「昭和プロ野 …