カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井貴浩氏、菊池が頑張る姿に若手の手本になる!侍でも不可欠な存在

2020年2月6日

新井貴浩氏、菊池が頑張る姿に若手の手本になる!侍でも不可欠な存在

スポニチ本紙評論家・新井貴浩氏(43)がプロ野球の春季キャンプを巡る「新井さんが行く~侍戦士の春」は東京五輪を控える侍ジャパン候補を中心に近況に迫る。

キク(広島・菊池涼)の元気な顔を見ることができて良かった。

入団以来初めて本隊を離れて2軍組に参加。調整を任されたこと、周りへ強い影響力を持つこと、その両方に対して責任感を持って取り組んでいる。若い子に交じって昔を思い出し、球拾いなども一緒にやっていた。若手の手本になる姿がうれしいね。

メジャーで活躍するところを見たかったという人もいれば、カープに残ってくれて良かったと喜ぶ人もいる。キクの中では、もう完全に気持ちは切り替わっている。「カープのために頑張る」と。周りが気遣ってくれるのが逆に心苦しい、とも言っていた。

侍ジャパンでも不可欠な存在と言っていい。稲葉監督がわざわざ2軍キャンプを訪ねてきたことからも期待と信頼の大きさが伝わる。代表歴が長く、初参加の選手がいれば、積極的にコミュニケーションを取るなど自分の立場を分かって行動することができる。

現役最後の4年間は一緒にプレーし、昨季は外から見せてもらった。5年前と比べたら、選手として、人間としてスゴく成長している。うれしいね。

今年のカープについては「キーマンは松山竜平」とのこと。「もっと、走れ!!」と。二塁手として守備範囲がとんでもなく広いので、一塁を守る時に「邪魔になるので、あまり出なくていいですよ」と言われたことが懐かしい。松っちゃんには「もっと出てこい」だって。

宜野座では阪神・矢野監督にもあいさつできた。「楽しみしかない」と自信を持っていたのが印象的だった。

確かに投打ともに若くて伸びしろのある選手は多い。昨季1年間で“常に前向きにやってほしい”という監督の思いがチーム内に浸透したと思う。みんな明るくやっていたね。近い将来、タイガースからも侍に選ばれるような選手が出てくることを楽しみにしたい。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体を …

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

3度のノーヒットノーランを達成した男、元広島・外木場義郎氏(74)=野球解説者=が現代の先発投手についてもの申した。 「私の時代は先発投手は責任を持って最後まで投げ切るのが当たり前だった。今は分業化が …

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

開幕から、屈辱的な記録が続く…田中にも懸念される「不名誉な記録」

広島は2019年7月9日、ナゴヤドームで中日と対戦し3-6で敗れた。先発・山口翔投手(20)が1回5安打3失点で2回のマウンドに立つことなく降板。広島は2回以降、3人の投手を投入するも、中日打線に計1 …