カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督「第6の先発出てこい!」遠藤&山口&アドゥワの3番勝負

2020年2月12日

佐々岡監督「第6の先発出てこい!」遠藤&山口&アドゥワの3番勝負

広島は11日、宮崎・日南での1次キャンプを打ち上げ、あす13日からの2次キャンプに備え沖縄に移動した。佐々岡真司監督(52)は、14日からの練習試合3連戦で結果を残せなかった選手を2軍に降格させる可能性を示唆。先発候補の遠藤、山口、アドゥワが登板予定で「3番勝負」から先発6番手争いの生き残りをかけた本格サバイバルが始まる。

これ以上、期待を裏切ることは許さない。佐々岡監督は日南キャンプを「順調だった」と振り返りながらも、懸念材料を鑑み、満点回答とはいかなかった。

「期待していた、先発入りを目指す若い投手が結果を残してくれていないのは残念なところ。人数が減っていく中で1軍に残れるかどうかのサバイバルになる。もう一度、気を引き締めて競争意識を持ってやってほしい」

野村が右腓(ひ)腹筋損傷で離脱したことで「先発6番手争い」が勃発するはずだった。しかし、9日の紅白戦に先発した遠藤は2回4失点(自責1)、山口は1被弾を含む2回3失点。10日に先発したアドゥワも被弾して2回2失点と、いずれも好内容を見せることができず。「秋からアドゥワを含めて(遠藤、山口と)期待していた3人。次は(1軍に)残れるかどうかのところになる」。猶予は短く、次回登板から結果を求める。

生き残りへの第一関門はすぐに始まる。14日ロッテ戦(コザしんきん)、15日阪神戦(宜野座)、16日中日戦(北谷)の練習試合3連戦で、指揮官は「人数を減らす対象。結果、内容を見ながら生き残りをかけた戦いになる」と明言。結果次第では即2軍行きの可能性も否定しなかった。

チームの対外試合初戦となる14日の先発を託された遠藤は「全力で結果を残すしかない。必死に、死にもの狂いでやる」と目の色を変えた。15日はアドゥワが先発予定。3連戦に中継ぎ待機する山口は「まだ取り返せるチャンスがある。はい上がりたい」と力強かった。2年ぶりのV奪回を目指す今季。開幕ローテーションを充実させられるかは、若手の奮起にかかっている。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池「悔しいとかじゃない」右足に痛みも…動けなくなった経験が教訓

菊池「悔しいとかじゃない」右足に痛みも…動けなくなった経験が教訓

【平成キャンプ回想録(24)広島ドラ2菊池涼介】 1年目は確か、右太腿筋膜炎か何に見舞われた。12年春のキャンプ。練習が凄くきつくて、沖縄の終盤に右足に痛みが出た。首脳陣から「悪化しないように2軍では …

正随、逆方向への一発で成長アピール!生き残りへ「頑張るしかない」

正随、逆方向への一発で成長アピール!生き残りへ「頑張るしかない」

紅白戦 白組5―2紅組(2020年2月10日 天福) 広島・正随が紅組の「7番・左翼」で先発し、2回1死二塁の好機に右翼へ先制2ラン。右の代打枠ゲットへ売り込みに成功した。 「去年、2軍でも右方向にホ …

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。 カープの外国人枠争いが激しさを増してきた。 同時に出場選手登録できるのは4人までで、投手2 …