カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

2020年2月18日

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

バチバチと、広島春季キャンプのグラウンドでは見えない火花が散っていた。遊撃手争いを繰り広げる田中広輔と小園海斗。勢いある若手が、堅実さで積み上げてきた先輩に真っ向勝負を挑んでいる。

昨春はまだライバル関係にはなかった。

小園は入団時から高卒新人とは思えぬ技術と体力で周囲を驚かせた。とはいえ、遊撃には前年まで3連覇に貢献した切り込み隊長で絶対的レギュラーだった田中がいた。小園は近い将来のスター候補であり、当時はまだポジションを奪う挑戦者とすら見られていなかった。

だが、田中は右膝に痛みをかかえシーズン序盤から精彩を欠き、8月には戦列を離れ右膝半月板部分切除手術。ポジションを空けた。

代わって遊撃を守ったのが小園だった。58試合に出場し、打率2割1分3厘も4本塁打と球団の高卒新人記録を塗り替えた。最後までクライマックスシリーズ進出をかけたAクラス争いをしたチームの中で試合に出続け、経験も積んだ。若手中心の昨秋キャンプでは違いを示した。

田中に挑めるほど、成長した小園

今春、体はさらに一回り大きくなった。飛び跳ねるような躍動感で駆け、鋭さが増したスイングでは柵越えも見せる。今春の動きを見れば「我慢して使い続けたい選手」と誰もが思うことだろう。高いポテンシャルを秘めるだけでなく、確かな地力も付いた。

しかし、相手はコンディション良好な田中だ。「心配なく動けている。(膝に)気を使わず一歩目を切ったりしてプレーできている」と右膝の状態はいい。選手会長に就任した責任感もいい意味で刺激になっているように感じる。

まだ30歳。世代交代と言われる年齢でもない。昨年不本意なシーズンを送っただけに、今季にかける思いは人一倍強い。

ただ、そんな田中にも挑めるほど、小園は成長した。そして狙うは遊撃の定位置。

「ショートのレギュラーを絶対取りたいと思ってやっている。チャンスは少ないですけど、攻めたプレーでやっていきたいと思います」

58試合出場の昨年から成長の歩みを緩めるつもりはない。

打撃でも互いに持ち味を発揮。

佐々岡監督も「2人でショート争いをしてもらいたい」と刺激する。ライバル関係をあおるように、上本崇司や曽根海成、三好匠など遊撃を本職とする選手もいる中で、キャンプ初日から守備練習では2人にしか遊撃に就かせなかった。

竜虎相搏つ。やわらかいグラブさばきの堅実な守備に対し、スピーディーかつ思い切りのある守備でぶつかり、右膝の状態回復で本来の粘りが戻ったシュアな打撃に対しては、ツボにはまれば飛距離を生み出す打撃で対抗する。互いの色を出しながら、しのぎを削る。

チーム初の実戦形式となった5日のシート打撃では互いに持ち味を発揮した。

交互に遊撃を守りながら打席に入った。小園が打球をはじくエラーをすると、先輩田中は中堅に抜けそうな当たりに飛び込む好捕を見せた。だが、小園も負けじと打撃で右翼席へ豪快な1発を放って挽回すると、田中も低めの球にうまくバットを合わせて中堅前に運ぶ好打。田中が3打数1安打、小園は2打数1本塁打と2四球の結果だけでなく、内容も互角の幕開けとなった。

開幕戦、ショートに座るのは?

ハイレベルな争いは続いている。小園にとって田中はライバルであると同時に、生きた教材となる先輩。

「(田中の守備は)確実性は全然違う。勉強になることが多い。目の前でやらせてもらっているので、技術の向上ができればと思う」

誰よりも田中の実力を知る。だが、その先輩を越えていくつもりでいる。

15日の阪神、16日の中日との練習試合では小園が二塁でスタメン出場した。2試合でいずれも遊撃に就いたのは田中だった。小園は田中が退いた後に遊撃に回るという立場。対外試合の初戦から「1番遊撃」で起用し続けていることからも、首脳陣は田中に遊撃を任せるつもりなのだろう。選手会長であり、トップバッター、さらにセンターラインを担う。佐々岡監督は「昨年悔しい思いをしていると思うので、選手会長として、要として頑張って欲しい」と2020年広島のキープレーヤーの1人として期待する。

3月20日の開幕戦、マツダスタジアムの遊撃には田中が立っているかもしれない。だが、小園が田中に挑む広島の遊撃手争いは始まったばかり。2人の戦いは、これからも続いていく。(前原淳)

(※引用元 Number Web)

関連記事

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

鈴木誠也が高校球児にエール!「次のステージで活躍できる準備を…」

夏の全国高校野球選手権大会が戦後初めて中止になったことを受け、広島・鈴木誠也外野手(25)が球児にエールを送った。 「僕個人としては、開催してあげたい。でも決まった以上は変わらないだろうし、もう夏の大 …

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

誰もが認める職人と言えば、菊池涼介だ。守る範囲は広大。また強肩によって幾多の併殺を完成させる。その二塁守備は「忍者」とも形容される。1球ごとに位置取りを変えながら、安打と思われた打球を平然とさばく。 …

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …