カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

2017年12月4日

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体をつくりたい」

今季は開幕前の3月に侍ジャパンの一員としてWBCに出場。例年に比べれば、約1カ月早い調整を余儀なくされた。

休む間もなく公式戦に挑んだ結果、打率・271は昨年の・315を下回り、内野守備の指標の一つとなる補殺数も昨季の525から407へ減少した。「今年は体がしんどくて思うように動けなかった。来年はそれを思うように動けるようにしたい」

体の負担を抱えながら攻守両面で奮闘し、もはや定位置となった5年連続5回目のゴールデングラブ賞受賞に加え、初のベストナインにも輝いた。

新井らと参加した「オーナー杯ゴルフコンペ」では「ドラコン賞」を獲得したようにシーズン中も意外性のある長打力も数多く披露。14本塁打は7年目で自己最多だった。体が万全の状態なら攻守両方で上積みが期待できる。

打順では制約のある難しい2番打者を任され、3年連続リーグ最多犠打を記録。自らに課すものは、シンプルにチームへの高い貢献度だ。「(個人の)数字に興味はない。自分ができることで貢献したい。チームのためにやるだけ」。

球団史上初の3連覇へ、この男の存在は欠かせない。(柳澤 元紀)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

カープの強さを支える充実の『捕手陣』、コーチが抱える嬉しい悩み!

熾烈な競争を繰り広げる捕手陣、ドラ1中村も「割って入るにはよほど頑張らないと」 強力投手陣、伸び盛りの若手。リーグ3連覇を目指すカープには好材料が揃う。そして捕手陣のレベルの高さからも目が離せない。 …

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

大瀬良がカープで慕われる理由…、相談も雑談も「話しやすい」エース

新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わっていかなければいけないのかもしれない。 新しいシーズンが幕を開けたプロ野球では、4連 …

黒田博樹と北別府学、前田健太が語った「広島カープ・エース」の伝統

黒田博樹と北別府学、前田健太が語った「広島カープ・エース」の伝統

勝つことだけではなく、負けざまにこそエースの真価がある――。 入団5年目の2001年に自身初の2桁勝利となる12勝8敗をマークした黒田博樹は、こう確信してカープのエースとしての道を歩き始めた。 「その …