カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

2017年12月4日

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体をつくりたい」

今季は開幕前の3月に侍ジャパンの一員としてWBCに出場。例年に比べれば、約1カ月早い調整を余儀なくされた。

休む間もなく公式戦に挑んだ結果、打率・271は昨年の・315を下回り、内野守備の指標の一つとなる補殺数も昨季の525から407へ減少した。「今年は体がしんどくて思うように動けなかった。来年はそれを思うように動けるようにしたい」

体の負担を抱えながら攻守両面で奮闘し、もはや定位置となった5年連続5回目のゴールデングラブ賞受賞に加え、初のベストナインにも輝いた。

新井らと参加した「オーナー杯ゴルフコンペ」では「ドラコン賞」を獲得したようにシーズン中も意外性のある長打力も数多く披露。14本塁打は7年目で自己最多だった。体が万全の状態なら攻守両方で上積みが期待できる。

打順では制約のある難しい2番打者を任され、3年連続リーグ最多犠打を記録。自らに課すものは、シンプルにチームへの高い貢献度だ。「(個人の)数字に興味はない。自分ができることで貢献したい。チームのためにやるだけ」。

球団史上初の3連覇へ、この男の存在は欠かせない。(柳澤 元紀)

(※引用元 スポニチアネックス

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

目標としていた開幕一軍入りはならなかった。広島の将来を担う正捕手候補として、日に日に評価を増している坂倉将吾。 強肩、強打に加えて俊足も兼ね備えた攻守走そろった捕手は、高卒2年目ながらキャンプ、オープ …

丸×野村氏、新春対談『3試合連続サヨナラ負け』より『9点差を…』

丸×野村氏、新春対談『3試合連続サヨナラ負け』より『9点差を…』

昨季のセ・リーグMVPに輝く広島・丸佳浩外野手(28)と、前監督でスポニチ本紙評論家・野村謙二郎氏(51)の新春師弟対談が実現した。 リーグ3連覇と悲願の日本一を誓う2018年元旦。リーダーに成長した …

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

個人目標をほとんど口にすることのない丸佳浩が、口を開いた。「試合に出続けることは、僕にとっての数少ない野球に対するこだわりです。モチベーションになっています」 2013年5月20日から始まった連続試合 …