カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト1位・森下暢仁が高い修正能力を発揮、會澤「大したもの!」

2020年2月22日

ドラフト1位・森下暢仁が高い修正能力を発揮、會澤「大したもの!」

オープン戦(2月22日、カープ7-6ヤクルト、ANA BALLPARK浦添)

広島のドラフト1位森下暢仁投手(22=明大)が対外試合デビュー戦で高い修正能力を発揮した。

ヤクルトとのオープン戦に先発。緊張感からか、初回に2点を奪われたが、2回以降は抜群の安定感で無安打無失点にまとめた。

「初回に菊池(涼)さんが守ってくださって(塩見の一、二塁間のゴロを好捕)、そこで吹っ切れたというか、すごい選手が周りにいるんだなと思った。しっかりと自分は投げきろうと思いました」とうなずいた。

2回先頭の中村を外角寄りの132キロカットボールで空振り三振。その後も初回に最速149キロを計測した直球と変化球で攻め込んだ。続く西浦、浜田は変化球で三ゴロ。

3回も内角攻めで凡打を重ねさせ、コンビを組んだ会沢は「落ち着いて投げていた。(初回エスコバーに)死球を当てた後もインサイドに投げられていた。変化球でもストライクを取れていたし、大したものです」とうなった。

明大時代のデビュー戦は米国キャンプ中の試合で、1回に満塁弾を含む3被弾を喫し7点を失った。「これ以上悪くなることはないと思いました」と前向きに捉え、大学NO・1右腕まで上り詰めた。その修正力をプロでも発揮。

オープン戦初陣を逆転勝ちで飾った佐々岡監督は「初回は緊張もあっただろうけど、ズルズルいかずにしっかり2、3回を抑えた。自信になると思うし、次の登板が楽しみ」と即戦力右腕に目を細めた。(古財稜明)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

小園、プロ1号&初マルチで開幕アピール「1軍という気持ちは強い」

小園、プロ1号&初マルチで開幕アピール「1軍という気持ちは強い」

第1打席で俊足を飛ばし一塁内野安打、第3打席は右翼席へ完璧な一発 オープン戦(3月3日、カープ10-4西武、長崎) 広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が3日、西武とのオープン戦でプロ1号を放っ …

3戦で16失点…巨人戦に勝利も、佐々岡監督「もっとしっかりして…」

3戦で16失点…巨人戦に勝利も、佐々岡監督「もっとしっかりして…」

広島佐々岡真司監督(52)率いる新生カープが24日、巨人とのオープン戦(沖縄セルラースタジアム那覇)で勝利し、オープン戦3連勝で春季キャンプの実戦を締めくくった。指揮官が「競争」を強調する中で若手選手 …

日本一の強力打線に洗礼…森下暢仁が4回を投げ、2本塁打含む5失点

日本一の強力打線に洗礼…森下暢仁が4回を投げ、2本塁打含む5失点

オープン戦(3月15日、カープ0-6ソフトバンク、マツダスタジアム) 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が、オープン戦最終戦に先発。2本塁打を浴びるなど、4回7安打5失点と3年連続日本一の強力打 …