カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

山田コーチ、星野監督が就任直後に指導した『地獄』の浜松キャンプ!

2020年2月26日

山田コーチ、星野監督が就任直後に指導した『地獄』の浜松キャンプ!

「あれは入団3年目、秋の浜松キャンプだった」

山田コーチがこう言って目を細めた。

83年ドラフト4位で中日に入団。当時指揮を執っていた山内監督は86年シーズンで退団、後釜となった星野仙一監督が秋季キャンプを前に選手に放った一言を、山田コーチは忘れられないという。

「いきなり『おまえら、覚悟しとけよ』だからね(笑い)。僕ら選手は、一体何をするのかドキドキ。いざキャンプが始まったら、朝からずーっと走らされる。それに加えて、ノックでゴロ捕球の練習ときた。ノックでは左右に振られるわ、飛び込まなきゃいけない打球を打たれるわ。僕ら若手だけでなく、一軍の選手もゴロ捕ばかりだった」

星野監督は当時39歳。スパルタで鳴らす指導は、就任直後の浜松キャンプが原点だ。

「中には『バッティングなんてせんでええ! おまえはゴロ捕っとけ!』と、ノックだけで一日が終了することもあった。練習試合なんかもやったけど、出ない選手はずっとノックか走るか。ようやく練習が終わって、宿舎に帰るバスに乗り込んだはいいものの、いざ降りる段になったら両足がつって動けなかった(苦笑い)。あれはきつかったけど、そのおかげで今がある。その後は一軍で試合にも出してくれるようになりましたからね」

これもまた、闘将の置き土産か。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

広島の大瀬良大地投手が5年目の今季、大きな進化を遂げようとしている。12日の阪神戦(マツダ)では7回1失点と好投し、リーグトップの5勝目。開幕投手の野村を欠く中、先発陣の中心的存在となっている。 活躍 …

強さを取り戻せるか、暗黒期に逆戻りか…2020年は大きな分岐点!

強さを取り戻せるか、暗黒期に逆戻りか…2020年は大きな分岐点!

セ・リーグ三連覇から一転、昨年は4年ぶりのBクラスとなる4位に終わった広島カープ。2年連続MVPの丸佳浩がライバルの巨人に移籍し、リードオフマンの田中広輔も故障で長期離脱するなど、チームの看板だった“ …

リーグ4連覇が絶望的なカープ、現実味を帯びる『暗黒時代』の再来…

リーグ4連覇が絶望的なカープ、現実味を帯びる『暗黒時代』の再来…

広島のリーグ4連覇が風前の灯火となった。広島は2019年8月29日、東京ドームで巨人と対戦し4-12の大敗を喫した。 エース大瀬良大地投手(28)が3回途中10失点の大炎上。3回までに12点を献上し早 …