カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也がボクシングから、新打撃理論を開眼!外国人と日本人を見比べる

2017年12月6日

誠也がボクシングから、新打撃理論を開眼!外国人と日本人を見比べる

右ストレートのシャドーをしながら「殴るとき、肘入れなきゃってと思わないでしょ?」と言う。

少々野蛮な理論を用いて、広島鈴木が新しい打撃のイメージを明かしてくれた。右足骨折からのリハビリ期間で膨らませた、ひとつの感覚。最初は「秘密です」の一点張りも、しつこく聞くと固い口を開いた。

長いリハビリ期間。動画で何人もの好打者の映像を見た。2画面にセットし、外国人と日本人、自身の打撃と見比べる。

「外国人はシンプルなんです」。構えたバットがシンプルにボールにコンタクトする。一方、パワーがないと言われる日本人は力を最大限に伝えるため「小さい頃からあれこれと言われがちなんですよね」と続ける。行き着いたのがボクシング理論だ。

確かに「バットは最短距離」や「右脇を締めろ」、「体と腕の三角形を崩すな」という指導は多い。あれこれ考えるうちに、重要なことが忘れられる。

「バットは真っすぐ出せばいい。自然と右肘は入るし、三角形になる」。大事なのは目的だ。ケガからの発想の転換が、鈴木にまたひとつ引き出しをもたらした。と言うか、どこまで野球小僧なんですか。【広島担当=池本泰尚】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

野村、210球の投げ込みも…カープ首脳は『6回病』克服に疑心暗鬼

野村、210球の投げ込みも…カープ首脳は『6回病』克服に疑心暗鬼

広島の野村祐輔(28)が昨13日、今キャンプ最多となる210球の投げ込みを行い、「気持ちよく投げられた」と満足そうに汗をぬぐった。見守った畝投手コーチも、「球が低めに来ていた。最後の方のボールの方がよ …

気配りの人・佐々岡監督が広島にもたらす一体感、座右の銘は『感謝』

気配りの人・佐々岡監督が広島にもたらす一体感、座右の銘は『感謝』

新生佐々岡カープが秋季キャンプから本格的にスタートした。紅白戦は最大8試合を実施予定。来春のキャンプへ向けて、若手選手の見極め、現有戦力の底上げを図っている。 第1クールを終えて佐々岡監督が「雰囲気も …

ジョンソン、沢村賞フォームへ!昨季の反省を踏まえ、16年の再現を

ジョンソン、沢村賞フォームへ!昨季の反省を踏まえ、16年の再現を

「広島春季キャンプ」(3日、日南) 広島のクリス・ジョンソン投手(33)が3日、今キャンプ初のブルペン入り。29球を投げ、「浮いた球もあったが、初回のブルペンにしては良かった。しっかり低めに集めること …