カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也がボクシングから、新打撃理論を開眼!外国人と日本人を見比べる

2017年12月6日

誠也がボクシングから、新打撃理論を開眼!外国人と日本人を見比べる

右ストレートのシャドーをしながら「殴るとき、肘入れなきゃってと思わないでしょ?」と言う。

少々野蛮な理論を用いて、広島鈴木が新しい打撃のイメージを明かしてくれた。右足骨折からのリハビリ期間で膨らませた、ひとつの感覚。最初は「秘密です」の一点張りも、しつこく聞くと固い口を開いた。

長いリハビリ期間。動画で何人もの好打者の映像を見た。2画面にセットし、外国人と日本人、自身の打撃と見比べる。

「外国人はシンプルなんです」。構えたバットがシンプルにボールにコンタクトする。一方、パワーがないと言われる日本人は力を最大限に伝えるため「小さい頃からあれこれと言われがちなんですよね」と続ける。行き着いたのがボクシング理論だ。

確かに「バットは最短距離」や「右脇を締めろ」、「体と腕の三角形を崩すな」という指導は多い。あれこれ考えるうちに、重要なことが忘れられる。

「バットは真っすぐ出せばいい。自然と右肘は入るし、三角形になる」。大事なのは目的だ。ケガからの発想の転換が、鈴木にまたひとつ引き出しをもたらした。と言うか、どこまで野球小僧なんですか。【広島担当=池本泰尚】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

サバイバル紅白戦!中崎、一岡、中田にチャンス「彼らも正念場」監督

サバイバル紅白戦!中崎、一岡、中田にチャンス「彼らも正念場」監督

広島秋季練習が8日から始まる。佐々岡真司監督(54)は1クールに1度、紅白戦実施を明言した。若手投手だけでなく、今季1軍で登板機会を大きく減らした中崎や一岡、中田らにもチャンスを与える。本拠地マツダス …

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

広島・坂倉将吾捕手が(19)が自分磨きに励んでいる。ウエスタン・リーグ2位の打率・298をマークし、1軍でもプロ初安打を放った順調な1年目。一方では心ひそかにジレンマも抱え、鈴木誠也外野手(23)から …

鈴木誠也、円陣で声出し!改革へ、4年ぶり初日からフルメニュー消化

鈴木誠也、円陣で声出し!改革へ、4年ぶり初日からフルメニュー消化

主将の自覚だ。広島鈴木誠也外野手(26)が沖縄春季キャンプ初日からリーダーシップを発揮した。円陣で声出し役を務めると、ベースランニングでは先頭で走り、全体練習後もバットを振った。春季キャンプ初日からの …