カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【バティスタの契約解除までの経過】/「故意でない」事実立証できず

2020年3月2日

【バティスタの契約解除までの経過】/「故意でない」事実立証できず

広島は2日、ドーピング違反で日本野球機構(NPB)から昨年9月3日から6カ月間の出場停止処分を受けていた広島のサビエル・バティスタ外野手(28)との契約を解除することを発表した。

鈴木球団本部長は「契約の継続は止めようと判断した。ずっと調査をしてきたけど、最終的に原因を突き止められなかったのが事実です」と説明した。球団はドミニカにトレーナーを派遣するなど調査を継続してきたが、最後まで接種経緯や選手個人が主張した「故意でない」事実も立証できなかった。バティスタには27日に伝え、今後は球団施設のドミニカアカデミーなども使用できない。

昨年6月のドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示したことが8月17日にNPBから発表され、広島は同日付で出場選手登録を抹消。NPBはバティスタに弁明機会を与えた上で、9月3日に処分を発表した。バティスタはその後、帰国していた。

広島は育成選手だったバティスタと17年6月に6年間の支配下選手契約を結んでおり、昨年12月に来季も契約する権利を持つ保留選手名簿にバティスタを記載していた。

16年に広島入りしたバティスタは18年に25本塁打でリーグ3連覇に貢献し、昨年は103試合に出場して打率2割6分9厘、26本塁打、64打点だった。

◆バティスタの契約解除までの経過◆

19年6月7日 ドーピング検査。

8月16日 結果的にこの年最後の試合となるDeNA戦(横浜)に「3番一塁」で先発し、4打数無安打。

8月17日 NPBが陽性反応を示したと発表。採取された尿検体から、禁止物質が検出された。バティスタの希望でB検体も検査し、この前日16日に同じ物質が検出された。広島はバティスタを出場選手登録から外し、自宅謹慎へ。

9月3日 NPBがアンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として、同日から20年3月2日まで6カ月の出場停止処分を発表した。

検出された禁止物質は、クロミフェンとその代謝物だったと明かされる。排卵誘発剤として使われる物質で、筋肉増強剤などを使用した際にホルモンバランスが崩れることを抑える効果もあるとされる。

9月10日 広島がバティスタがドミニカ共和国に帰国したと発表。鈴木球団本部長は、20年から3年残す契約について「するかしないか分からないと伝えた」。

9月23日 バティスタがドミニカ共和国のウインターリーグでプレーすると、所属する予定のエスコヒードが球団公式サイトで発表。出場停止期間中はNPBの試合に出られないほか、原則として球団施設での練習もできないが、ウインターリーグでのプレーは制限されない。

12月2日 広島が保留選手名簿にバティスタを掲載。

20年3月2日 6カ月間の出場停止処分が解けるも、球団は契約を解除。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

會澤が床田に苦言「このままで開幕を迎えて通用する世界じゃない!」

會澤が床田に苦言「このままで開幕を迎えて通用する世界じゃない!」

広島床田寛樹投手(24)が25日、会沢翼捕手(31)から“愛のカツ”を入れられた。沖縄・春季キャンプ最後のブルペン入り。今季初めて投球を受けた正捕手の会沢に「このままの状態では通用しない」と苦言を呈さ …

山口、ボクシングトレで160キロ『あしたの翔』勝つべし!勝つべし

山口、ボクシングトレで160キロ『あしたの翔』勝つべし!勝つべし

広島の山口翔投手(20)が19日、将来の大目標として速球160キロ到達を掲げた。現在はボクシングで瞬発力を鍛えるトレーニングを実践中。またウエートトレーニングなどで体重増加を図り、頑丈なボディーを手に …

中崎、総帥『直々』の激励に復活誓う「今まで以上の結果を残したい」

中崎、総帥『直々』の激励に復活誓う「今まで以上の結果を残したい」

広島・中崎が総帥直々の激励に改めて復活を誓った。 15日にあった大瀬良の結婚披露宴で、松田元(はじめ)オーナーから歩み寄られて約1分間の談笑。 「“大丈夫か?”と。声をかけてもらってありがたい。期待を …