カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

山口翔、遠藤淳志…恩返しのため、必死にもがく『佐々岡チルドレン』

2020年3月2日

山口翔、遠藤淳志…恩返しのため、必死にもがく『佐々岡チルドレン』

「チルドレン」との新たな物語が始まる。広島・佐々岡監督は、春季キャンプで若手投手への苦言を隠さなかった。「期待していた遠藤、山口は(宮崎・日南1次キャンプから)良くなかった。投手の方は不安です」。1軍投手コーチだった昨季は、個人名を挙げて責めることは、ほとんどなかった。それだけに、キャンプインから低調だった2人に対して、いかに歯がゆい思いをしていたかが伝わる。

今季高卒3年目の山口翔と遠藤淳志の両右腕は、入団時に2軍投手コーチだった佐々岡監督から指導を受けた。1年目の当時、2軍首脳陣から「おまえらは2軍で競い合っていても仕方ないから。一緒に1軍で切磋琢磨(せっさたくま)するんだぞ」と何度も伝えられていたという。

山口は2軍に降格したが、春季キャンプ中に指揮官への思いを口にしたことがあった。「僕は厳しく言われることもあります。でも、ずっと見てもらってきましたから。監督に恩返ししたいな…という気持ちは本当に強いです」。遠藤は「(ハッパを)プラスに捉えないと、投げていけないですから」と記事を通して目にしたメッセージに奮起した。

佐々岡監督は、オフ期間に参加したトークショーで成長を期待する選手の話題に、大卒3年目右腕のケムナ誠投手を挙げたことがあった。「2軍のコーチとして1年目を見ていたのですが、2軍の試合にも投げられなかった。そんな選手が昨季のシーズンの最後に1試合投げられた。ここまでよく頑張ったな…と思いました」。“教え子”の成長に人知れず心を動かされていたのだ。

立場上、彼らを特別扱いすることはない。それでも「チルドレン」は、期待を敏感に感じ取りながら、恩返しのために必死にもがいている。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

坂倉将吾が追求する実戦勘、試合に出なくても成長した『レアケース』

坂倉将吾が追求する実戦勘、試合に出なくても成長した『レアケース』

人はまだ見ぬものに、ロマンを感じるものだ。プロ野球の新戦力にも、同じような感覚を抱くファンもいるに違いない。とくに優勝の可能性が遠くかすみ、目標を見出しにくい球団のファンならなおさらだ。 2016年か …

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

広島の薮田和樹投手(25)は15日、本紙評論家・大野豊氏との対談で、チームトップの投球回数を投げ抜くことで、コイの投手陣を背負って立つ覚悟を示した。 大野氏は、個性的な投球フォームを貫いて結果を残した …

前田でもなく、新井でもなく……カープの背番号1、鈴木誠也の風格!

前田でもなく、新井でもなく……カープの背番号1、鈴木誠也の風格!

長野久義や小園海斗らに注目が集まる広島が、4連覇を狙う新たなシーズンを迎えようとしている。 新戦力が連日メディアを賑わせる中、今年のチームの鍵を握る鈴木誠也は、喧騒をかわすように静かに、そして確かな足 …