カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督は好評判も「気疲れ心配」の声…辞任による『消去法人事』

2020年3月7日

佐々岡監督は好評判も「気疲れ心配」の声…辞任による『消去法人事』

今年から赤ヘル軍団を率いることになったのが広島の佐々岡真司新監督(52)だ。現役時代は広島一筋18年。通算138勝153敗106セーブと活躍し、長らく広島の屋台骨を支えた。

昨季まで一軍投手コーチを務めており、緒方前監督の辞任による消去法的な人事であることも否めない。決して派手な人物ではなく、そうしたところもさほど騒がれないゆえんだろう。

とはいえ、選手やコーチ間の評判は悪くない。

「コーチ時代にカーブの投げ方や下半身の使い方を教わりました。その人その人にあった教え方をしてくれる印象です」と話すのは5年目の岡田(26)。

リリーフの一岡(29)もカーブを伝授されたひとりだ。「現役時代はカーブが凄い方でしたからね。握り方などを聞いたら、すぐにわかりやすく教えてくれました。アドバイスが欲しいときは聞きに行きやすい」と言う。

九里(28)は「印象?見たままのおおらかな方ですね。僕はストレートの重要性を教えてもらった。カーブは……教えて下さいとはお願いしたものの、僕には難しかった」と話す。

そんな佐々岡監督が評判になっているのが気配りだ。チームスタッフの間からは「とにかく、さまざまなことを気にかけている。気疲れしないのか心配だ」という声も出ている。

倉一軍バッテリーコーチは「たとえばそのひとつが……」と続ける。

「シート打撃中のことでしたね。僕らコーチ陣は目の前の練習を見るのに集中していた。実戦に近い練習だから、なおさらです。そんなとき、佐々岡監督は『ブルペンで待機している投手のキャッチボール相手がいないぞ』と指摘してくれた。普通、そういうのは僕らコーチが気付かなきゃダメ。監督に言わせてしまってはダメなんです」

シート打撃はバッティングのみならず、投手や守備もチェックできる練習。普通ならクギ付けになるところだが、佐々岡監督はグラウンドからは見えないブルペンの様子も気にかけていたということだ。

倉コーチはさらにバッテリーを組んだ現役時代についても話した。

「佐々岡監督のボールを受けたとき、僕はまだ若手。それでも最初に言ってくれたのは『おまえらがやりやすいように、(配球などは)おまえらで考えてやってくれ』だった。その上で『どんな考えかわかるから』と言われた。自分の考えを押し付けない方なんですね。そうやって僕らの考えを理解した後で、『オレはこう思うよ』とさりげなくアドバイスしてくれた」

日本では監督が目立つケースが多いが、本来はチームの裏方。現役晩年のように、縁の下の力持ちとして赤ヘル軍団を勝利に導けるか。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

カープ伝説のエース・外木場義郎が明かした「完全試合」達成の心境

カープ伝説のエース・外木場義郎が明かした「完全試合」達成の心境

平成の頃から、どこかセピア色に映っていた「昭和」。まして元号が令和になったいま、昭和は遠い過去になろうとしている。しかし、その時代のプロ野球には強烈なキャラの選手たちが大勢いて、ファンを楽しませてくれ …

元広島監督の達川光男氏「カープ大型連敗の原因わかればノーベル賞」

元広島監督の達川光男氏「カープ大型連敗の原因わかればノーベル賞」

リーグ3連覇中の広島にとって20年ぶりの11連敗は「まさか」の事態だった。2017年にも14連敗を喫したヤクルト、昨年最下位の楽天ならば“戦力不足”と見ることもできるが、昨年最多勝のエース大瀬良大地( …

誠也は「今すぐにMLBでインパクトを残せる」極東スカウトが太鼓判

誠也は「今すぐにMLBでインパクトを残せる」極東スカウトが太鼓判

MLBネットワークのモロシ記者「現在、そして将来も必見の選手だ」 広島の鈴木誠也外野手が米メディアから注目を集めている。MLBネットワークのジョン・モロシ記者が12日(日本時間13日)に自身のツイッタ …