カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

打率3割は「毎年最低の目標」、5年目を迎える安打製造機西川の矜持

2020年3月9日

打率3割は「毎年最低の目標」、5年目を迎える安打製造機西川の矜持

昨季は初めて規定打席に到達、セ6位の打率.297をマークした

昨季は4位に終わり、セ・リーグ連覇が3で途絶えた広島。V奪回の鍵を握る一人が西川龍馬内野手がスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」の「12球団キャンプキャラバン」に登場し、同学年の鈴木誠也外野手とともにチームを引っ張る決意を口にした。

西川は年々真価を遂げている。初めて規定打席に到達した4年目の昨季は138試合出場、159安打、16本塁打、64打点、6盗塁。全て自己最高の数字を残した。打率.297はセ6位だった。3年目の2018年に期待打席未満ながら初の打率3割(.309)をクリア。25歳は「最低でも3割」を目標に掲げる。

「打率3割は毎年最低の目標としてやっています。試合に出る以上はそこを目指してやっていかないといけない」

敦賀気比高から社会人野球の王子を経て2015年ドラフト5位で入団。毎年出場試合数や成績を伸ばしている要因についてはこう語る。「変わったのは体。年々体重も増えてきている。大きく変わったのは体の大きさじゃないですかね」。体の進化が成績に結び付いていると実感している。

打順にこだわりはないという。「自分はどこでもやっていける自信はあるので。(佐々岡)監督が決めたところでその打順をしっかり全うする」と言う。それだけ自身の打撃技術に自信を持っている証拠だろう。

昨季の首位打者で、チームでも侍ジャパンでも4番を担う鈴木誠也とは同じ1994年生まれの同級生。今季の広島は「右の鈴木、左の西川」が打線の“核”になりそうだ。「誠也と同級生なので、なんとかその2人で引っ張っていけたらと思っています」。

新たに佐々岡真司監督が就任して迎える2020年シーズン。広島のヒットメーカー、西川に大ブレークの予感が漂う。

【動画】「打率3割は毎年最低の目標」年々成績を伸ばす広島西川が2020年シーズンの決意を語る

(※引用元 Full-Count

関連記事

K・ジョンソン、歴代助っ人「最多勝」【プロ野球去り行く戦士たち】

K・ジョンソン、歴代助っ人「最多勝」【プロ野球去り行く戦士たち】

外国人投手として史上2人目の沢村賞獲得 クリス・ジョンソンは2015年に米大リーグ・ツインズから広島に入団。来日初登板で1安打無四球の完封勝利を挙げるなど、安定した投球でローテーションを守り、最優秀防 …

菊池「丸の打球は全部捕りたい」!大リーグ挑戦への思いも改めて語る

菊池「丸の打球は全部捕りたい」!大リーグ挑戦への思いも改めて語る

広島の菊池涼介内野手(29)と松山竜平外野手(33)が15日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!『OBvs現役 プロ野球好珍バトル2019春』」(後9・00)にゲスト出演。昨オフに主軸だった丸佳浩 …

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。 曲折を乗り越え、精神的に成長 …