カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

2020年3月16日

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

即戦力ナンバーワン投手、新人王最有力候補と言われる広島ドラフト1位・森下(明大)が、初めてプロの洗礼。オープン戦最終戦のソフトバンク戦(15日=マツダスタジアム)で4回被安打7、5失点。この森下の本拠地KOは、V奪回を期す佐々岡広島の思わぬ落とし穴を暗示している。

この日まではオープン戦3試合に登板して通算被安打6、2失点と期待通りの結果を出していた森下。両リーグ1強と言われる3年連続日本一のソフトバンクにプロの洗礼を受けたで済めばいい。それも勉強だからだ。

が、打倒・巨人でV奪回を宣言している新生・佐々岡広島の意外な落とし穴の危険性もある。新型コロナウイルス伝染拡大のためにオープン戦は無観客試合だ。そうでなければ、この日の3年連続日本一・ソフトバンク相手の期待通りのドラフト1位・森下の登板でマツダスタジアムは大盛り上がりしたはずだ。

ところが、今季のペナントレースは3・20開幕が延期され、最短4・10、最長で4・24開幕。そして、同時にこれまでのスタンドでの熱狂的応援自粛が打ち出されている。

その影響をモロに受けるのは甲子園のトラ党と勘違いしそうだが、一番ダメージを受けるのがマツダスタジアムの赤ヘル党だ。リーグ3連覇の後に昨季、まさかの4年ぶりのBクラス転落4位。 それでも5年ぶりのV奪回を果たした巨人には14勝10敗1分と5年連続勝ち越している。その原動力は、カープ女子にも象徴されるマツダスタジアムでの赤ヘル党の熱狂的な応援にある。リーグ3連覇の際には、赤ヘルナインは異口同音にこう認めている。

「本当に12球団一の地元ファンの熱い声援のおかげです。ファンには感謝しかないです」と。実際に巨人ナインは敵地・マツダスタジアムに来ると、自分らがまな板の上のコイになり、勝てなくなる。赤ヘルナインのコイ党への感謝の念は外交辞令ではない。

ところが、今季は世界中で猛威を振るう、新型コロナウイルス伝染の拡大防止のために、日本野球機構(NPB)から12球団へ公式に熱狂的な声援自粛が打ち出されている。

巨人ナインからすれば、鬼門マツダスタジアム克服へ最高のアシストになるだろう。逆に赤ヘルナインからすれば、モチベーション低下は避けられない。

選抜大会中止、プロ野球オープン戦無観客試合、そして開幕戦の延期etcなど新型コロナウイルス伝染拡大を防止するために、様々な対応をしてきている日本野球界を考えれば、仕方のない熱狂的声援自粛だ。

が、原巨人に雪辱、V奪回を期す新生・佐々岡広島にとっては、全く予期せぬ落とし穴になりかねないのは事実だろう。この日のドラフト1位・森下の予期せぬKOがそれを暗示している恐れがある。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

左腕不足に鍵を握る3投手、OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

左腕不足に鍵を握る3投手、OB大野豊氏「計算できれば投手王国に」

かつて川口和久氏との左腕2枚看板を築いた大野氏「左腕不足といえばそう」 投手力の優れたチームは強い。躍進を続けるカープにも強固な投手陣が存在する。しかし現状、先発の左腕不足はどうしても否めない。そんな …

本当にルーキーなのか?一番プロ向き・小園の可能性/立浪和義コラム

本当にルーキーなのか?一番プロ向き・小園の可能性/立浪和義コラム

高い野球センス 一軍で使うか、二軍でじっくり鍛えるか──。今、広島の緒方孝市監督は、悩んでいるかもしれません。 ドライチルーキー、小園海斗選手です。今年は、素晴らしい才能を持った高卒新人がたくさんプロ …

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。 曲折を乗り越え、精神的に成長 …