カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

2020年3月17日

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が16日、カーブの向上に励んだ。マツダの室内練習場で約25メートルの間隔をとりカーブを多投した。

15日のソフトバンク戦ではオープン戦で11イニングぶりの失点を喫し、4回7安打5失点と打ち込まれた。全95球中カーブは9球投げたが、ストライクが1つも取れず、制球力を欠いた。

森下は「最近、カットボールを多く投げていて、カーブの縦(軌道)のラインが思うように入らなくなった。ボールの回転を意識して入る」と修正点を分析。沢崎投手コーチも「(変化球の)低めの精度が彼にはないかな。直球は悪くない」と15日の試合後、課題を指摘していた。

チェンジアップも抜け切れていないと感じる部分があり、カーブ、チェンジアップの精度アップを目指している。

「うまくいかないときに、どう自分の投球ができるか考えてやっていきたい」と話していた背番号18。シーズン開幕日が決まらず、調整も難しいが「なるようになるかなと思っている。焦らずやっていく」と前向きに捉えていく姿勢を示した。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

肩の筋力で『メジャー級』の記録!ドラフト1位・森下、細身でも凄い

肩の筋力で『メジャー級』の記録!ドラフト1位・森下、細身でも凄い

広島の新人9選手は12日、広島市内の病院で体力測定を行いドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)がメジャー級の高い数値を記録した。肩の筋力は大リーグ選手の平均値で、故障防止やスタミナにつながる筋肉疲労 …

林、初スタメンで4タコ&失策『屈辱をバネに』監督は若手の競争歓迎

林、初スタメンで4タコ&失策『屈辱をバネに』監督は若手の競争歓迎

高卒2年目の広島・林も7番三塁でプロ初スタメンを果たした。だが、中飛、遊ゴロ併殺、空振り三振、空振り三振と4打席凡退し、9回には一塁守備で飛球を落球する失策も記録。結局、9回で交代となり、3―4の10 …

堂林、志願のチーム野間(合同自主トレ)加入、後輩・誠也に打撃学ぶ

堂林、志願のチーム野間(合同自主トレ)加入、後輩・誠也に打撃学ぶ

誠也との初タッグで打撃開眼だ。来季11年目の広島堂林翔太内野手(28)が25日、年明け宮崎県内で鈴木誠也外野手(25)らと行う合同自主トレへの意気込みを語った。ここ数年の停滞感打破のため、自ら動いた。 …