カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

安部が『クセ者』になる宣言!ポジション奪取へ粘っこく、いやらしく

2020年3月17日

安部が『クセ者』になる宣言!ポジション奪取へ粘っこく、いやらしく

広島の安部友裕内野手(30)が16日、“クセ者”になると宣言した。オープン戦打率は・214だったものの、出塁率は・313で、2本塁打を放つなど随所で存在感を示した。開幕延期となり、シーズンまでの猶予期間が残されている現状。相手に嫌がられる打者になるため、粘り強さを磨いてレギュラー奪取を目指す。

当初の予定通りならば、焦りが生じていたかもしれない。だが、開幕が4月10日以降となったことで、準備期間は最短でも3週間以上ある。安部は「いっぱい(打席に)立たせてもらった。僕の悪いところは分かっていますし」と冷静に自身の足元を見つめ、課題克服に励む姿勢を示した。

オープン戦は11試合の出場で打率・214と低調だったが、2本塁打と長打力は健在。「フォアボールも何個か取れた打席もあった」と4四球を選び、出塁率・313をマークしたことに納得の表情をのぞかせた。

長打力があるだけに、求められるのは粘り強い打撃。「いやらしく(相手投手に球数を)投げさせるとか。(相手に)嫌だな、と思われるバッターになっていきたい」と“クセ者襲名”に肩を回す。敵軍がアウトを取るのに苦労すればするほど、チームへの貢献度は増していく。

ポジションが確保されていない立場であることは十分理解している。一塁と三塁が基本線になるが、ピレラ、小園、松山とライバルは多い。「去年、一昨年とチャンスをもらって確立できなかった。貢献できるように」と闘志を燃やした安部。ポジション奪取へ、一筋縄では抑えられない打者に近づいていく。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

マツダスタジアムで指名練習!中村祐・岡田が、DeNA戦に向け調整

マツダスタジアムで指名練習!中村祐・岡田が、DeNA戦に向け調整

広島は7日、マツダスタジアムで投手指名練習を行った。8日から本拠地で迎えるDeNA2連戦は中村祐太投手、岡田明丈投手の順番で先発する予定だ。 中村祐は開幕から3戦3勝中。 開幕4戦4勝となれば、11年 …

會澤、侍ジャパン正捕手から因縁の新人・甲斐野への心配りとユーモア

會澤、侍ジャパン正捕手から因縁の新人・甲斐野への心配りとユーモア

ささいな心配りが、大舞台で生きることもある。広島・会沢翼捕手(31)は、11月の「プレミア12」で侍ジャパン入りし、全8試合のうち4試合に先発して世界一に貢献した。精神的支柱としての役割も大きく、12 …

堂林、微熱でも自分で『病名』つけて「俺は終わりだ」/枡田アナ暴露

堂林、微熱でも自分で『病名』つけて「俺は終わりだ」/枡田アナ暴露

元TBSアナウンサーの枡田絵理奈(32)が7日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。夫で広島の堂林翔太内野手(27)との結婚生活について語った。 14年12月に結婚してからは …