カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球『開幕』は、4月24日以降か…オリンピック次第で日程再編

2020年3月23日

プロ野球『開幕』は、4月24日以降か…オリンピック次第で日程再編

プロ野球の開幕が、現段階で最短でも4月24日以降となる可能性が高いことが22日、分かった。

新型コロナウイルスの感染拡大で当初の開幕予定だった3月20日は延期となり、4月10日以降で検討中。だが、大規模イベントの自粛を要請してきた政府が20日、引き続いての慎重な対応を求めてきたことで、4月中旬の開幕も難しい情勢になってきた。状況が改善されなければ5月にずれ込むことも想定され、東京五輪が延期、中止になった場合は中断期間の日程を再編し、延期分を組み込む可能性もある。

プロ野球の船出はいつ見えるのだろうか。9日に3月20日の開幕延期を決めてから「4月10日以降」に切り替えて調整を進めてきたが、状況は好転しなかった。

19日に政府の専門家会議で大規模イベントに「慎重な対応を求められる」と提言された。20日には、政府からも多くの人が密集し、近距離での会話を避けるようになどと示された。球界も検温態勢、アルコール消毒の準備など感染予防策を進めてきたが、大観衆が集まり、熱狂するプロ野球のエンターテインメントの根幹にも関わるだけに、ハードルは高い。

現状では4月10日からさらに2週間の間隔を空けて、同24日以降を最短目標に開幕を目指すとみられる。それでも未知のウイルスに対し、政府が「持ちこたえている」と評価しているとはいえ、今後の動向に保証できるものは何もない。状況が良くならなければ、5月にずれこむことが十分に考えられる。

斉藤コミッショナーは、4月24日の開幕でも「CS(クライマックスシリーズ)の日程を少しいじらないといけないかも」とポストシーズンの完全消化は難しい見通しとしていた。3試合制のCSファーストステージを1試合、最大6試合のファイナルステージを同4試合にと、短縮案が挙がりそうだ。

さらなる想定もしなければならない。世界的なパンデミックとなった今、世界中から東京五輪の延期論は極限にまで達している。斉藤コミッショナーも12日の会見で「我々が5月前とかそのへんでスタートできない状況が日本にあるとすれば、五輪そのものにも影響してくる」と話していたことが現実的になってくる。延期、または中止となれば五輪イヤーで設けられていた中断期間(7月21日~8月13日)に、開幕延期となった分の一定の日程は組み込むことができる。

23日には、Jリーグとの第4回「新型コロナウイルス対策連絡会議」が行われる。専門家と協議を重ねるが、無観客のオープン戦、練習試合の出口は見えてこない。球春到来が切望される。

◆過去最も遅い開幕は4月14日 2リーグ制後、最も遅い開幕日は73年の4月14日だった(両リーグ同時開幕)。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

元カープ・前田氏に救われた、江村氏がヤクルト打撃投手の入団テストへ

懐かしい顔がヤクルトの愛媛・松山キャンプに加わった。2013-15年まで在籍した江村将也氏(30)だ。11月6日から5日間、打撃投手の入団テストとして、キャンプに参加。かつての仲間を相手に“登板”した …

無観客開催だと球団経営にも影響大、売上は選手総年俸にも届かない?

無観客開催だと球団経営にも影響大、売上は選手総年俸にも届かない?

開幕延期により試合が行われず、売上はほぼゼロの状態が続いている 新型コロナウイルス感染症の拡大により開幕が無期限で延期となっているプロ野球。緊急事態宣言が全国的に拡大されており、5月中の開幕は断念され …

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

広島・鈴木誠也外野手(25)は24日、東京五輪の1年程度の延期について言及し、「仕方ない」と複雑な胸中を吐露した。侍ジャパンの4番最有力候補として他競技選手の心情も思いやった。一方で4月24日の開幕を …