カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、『不透明』だからこそ開幕逆算より「今の1日の方が大切」

2020年4月1日

鈴木誠也、『不透明』だからこそ開幕逆算より「今の1日の方が大切」

開幕が不透明な状況だからこそ、広島鈴木誠也外野手は目の前の課題に集中する。

マツダスタジアムで3日間続いたミニキャンプに参加し、シートノックやフリー打撃、締めくくりのロングティーなど全メニューをこなした。新型コロナウイルス感染者拡大で先延ばしとなった4月24日開幕も変更となる可能性は十分ある。

「こういう状況なので(練習に)身が入りづらい」。苦慮しながらも「ただ(集中しないと)もったいない。やりたいことをしっかり1日1日やれば充実してできる」と気持ちを切らない。

開幕日が決まっていないだけに、調整の逆算はできない。「今の1日の方が大切。先を見るにしても、(開幕日よりも)もっと先を見ないと。開幕を気にしてもどんどん延びていくかもしれない。深く考えると疲れる。1日1日やっていければ」。

一度キャンプ、オープン戦をへているだけに、開幕日さえ決まれば再び状態を上げられる。今は調整段階と割り切り、自ら課題を設定しながら目的意識を忘れない。

この日も「完成がないので、体の状態で打撃も違う。バットに当たるまでの過程をどうやればいいのかを考えている」と内容ある1日とした。

1年延期が決まった東京五輪の開幕は来年7月23日に決まった。

「僕自身、出られるかどうか分からない。今年けがするかもしれませんし」。そう言葉を選びながらも「もちろん出たい気持ちはある」と意欲を示した。広島だけでなく、日本の主砲は、不安広がる日々にも確かな成長の歩を進めている。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

昨シーズン、史上4人目の偉業も鈴木誠也の渋すぎる契約更改とは!?

昨シーズン、史上4人目の偉業も鈴木誠也の渋すぎる契約更改とは!?

プロ野球契約更改を斬る!2021 コロナ禍で揺れに揺れた昨シーズン。その影響か、契約更改もなにやらスッキリしない不思議の査定がちらほらと…。もんなモヤモヤを今年もちょろっと摘み出します。 史上4人目の …

松坂世代・永川が『2年ぶり』に1軍合流!同学年の中日・松坂に刺激

松坂世代・永川が『2年ぶり』に1軍合流!同学年の中日・松坂に刺激

広島の松坂世代が1軍昇格。広島永川勝浩投手(37)が3日、1軍に合流した。16年5月26日以来の1軍昇格となる。 永川は昨年、5年ぶり1軍登板なしに終わり、9月には左膝のクリーニング手術を受けた。復活 …

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

床田、ジョンソンと左腕先発2本柱!開幕ローテ「それは僕がつかむ」

広島・床田寛樹投手(23)は、ジョンソンと先発左腕の2本柱結成を見据えた。昨年7月の左肘のトミー・ジョン手術から支えてくれた球団への感謝を伝える覚悟を示したもの。患部の経過も順調で、手術前よりも直球、 …