カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中広輔「一刻も早く今の事態が収まるように」、時差分離練習を実施

2020年4月9日

田中広輔「一刻も早く今の事態が収まるように」、時差分離練習を実施

広島は8日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、時差分離練習を実施した。選手会長・田中広輔内野手(30)は、改めて先行きが不透明な社会情勢を案じ、コロナ禍をファンと一緒に乗り越えていくことを呼び掛けた。また、プロ野球選手会が行う寄付活動への理解と協力を求めた。

一日も早く終息してほしい-。黙々とバットを振る田中広の瞳には強い意志が宿っていた。この日から始まった時差分離練習。午前組の打撃練習で快音を響かせた田中広は「やっぱり難しい部分はあるが、その中でやらなきゃいけない。しっかりとうまく時間を使いながら、考えながらやりたい」と初の取り組みに戸惑いを覚えながらも前を向いた。

9時半から午前組がマツダスタジアムに姿を見せると、野手はノックやキャッチボール、打撃練習などを行い、投手はランニングなどで汗を流した。午前組が帰宅すると午後組が13時半から始動。それぞれ約2時間、同じような練習を行った。投手を球場に、野手を室内練習場に分けるなど細心の注意を払いながら、感染防止に努めた。

7日には安倍首相が東京、大阪など7都府県に緊急事態宣言を発令。広島は対象地区ではないが、日を追うごとに県内の感染者数は増加しており、予断を許さない状態が続く。

そんな苦しい状況を打破しようと、プロ野球選手会が一体となり新型コロナウイルス感染拡大防止への活動資金を寄付する活動を行うことを決めた。

カープの選手会長を務める背番号2は「ファンのみなさんに僕らは応援されて、助けてもらいながらやっている。こういうときに少しでも恩返しできるように」と言葉を紡いだ。ファンあってのプロ野球。「一刻も早く今の事態が収まるように。そういう願いを込めてやりたい」と表情を引き締める。

一方で、プロとして来る開幕日に向けて調整は続く。意識的に取り組むのは下半身強化だ。昨夏に右膝の手術を受けており、「いくらトレーニングしても、シーズンの強度には勝てない。いきなり入って体がパンクするのもあれなので。できるときに走るとか、トレーニングをしておきたい」と故障防止のために体を鍛え上げていく方針だ。

必ずプロ野球が開幕する日を信じて-。支えてくれるファンと共に闘いながら、歩みを進めていく。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

首位ターン!3年連続で、5ゲーム差以上なら『プロ野球史上初』

首位ターン!3年連続で、5ゲーム差以上なら『プロ野球史上初』

広島が球宴までの前半戦首位を決めた。広島の首位ターンは3年連続8度目。 セ・リーグで3年以上続けて前半戦首位は51~56年巨人、65~71年巨人、74~76年阪神、87~90年巨人、12~14年巨人に …

西川&床田、関西出身の同級生コンビが『トークショー』でノリノリ!

西川&床田、関西出身の同級生コンビが『トークショー』でノリノリ!

広島・西川龍馬内野手と床田寛樹投手が1日、広島市内でトークショーに参加。関西出身の同級生コンビがイベントを盛り上げた。 彼氏にしたい選手、結婚したい選手を聞かれると、西川は「(彼氏は)羽月。雰囲気で楽 …

森下暢仁が6回2失点、カーブ改善!佐々岡監督「真っすぐが生きる」

森下暢仁が6回2失点、カーブ改善!佐々岡監督「真っすぐが生きる」

「練習試合、中日9-8広島」(22日、マツダスタジアム) 広島は開幕ローテの1人、ドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が先発し、6回8安打2失点にまとめた。4回7安打5失点だった前回15日のソフトバンク …