カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新外国人・スコット、カープの新守護神となるか/牙を研ぐ助っ人たち

2020年4月10日

新外国人・スコット、カープの新守護神となるか/牙を研ぐ助っ人たち

守護神を争う3人の助っ人の中で、唯一安定しているのが新加入のスコット。190センチの長身で、スリークオーターから繰り出される直球系は150キロを超え、打者の手元で動く。加えて切れ味抜群のスライダーで、プロ野球の一線級の打者にも空振りを連発させている。2月の春季キャンプから中継ぎ陣が思うような結果を残せない中、好投を続けている。

長髪をなびかせ、球界屈指のイケメン助っ人右腕はNPB初のアフリカ出身選手となった。11年のMLBドラフト5巡目でカブスに入団。その後はマイナーで経験を積んだ。マリナーズ在籍時の昨年6月に南アフリカ出身投手として初のメジャーデビュー。その後はオリオールズでもプレーし、メジャー通算は13試合に登板して0勝0敗、防御率14.33。マイナーでは通算248試合で40勝36敗、防御率3.86の成績を残してきた。

オープン戦では中継ぎとして6試合に登板し、2失点で防御率3.00とまずまずの成績を残した。3月21日の中日戦(マツダ広島)では8回のマウンドに上がり、平田、武田、高橋の上位打線をいずれもキレキレのスライダーで3者連続三振に封じた。「スライダーが良かった。切れもあった」。同24日ヤクルト戦(マツダ広島)でも廣岡から3球連続スライダーで空振り三振を奪い、無双ぶりを見せている。

新加入のD.ジョンソンは調子が上がらず二軍降格。昨季後半に守護神に定着した左腕のフランスアも、持ち味のスピードが出ず、二軍での再調整となっている。日本では類を見ない長身の横手投げの右腕が、今季広島の9回のマウンドに上がることになりそうだ。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

2020年シーズン振り返り:主力離脱が痛手…森下が目覚ましい活躍

2020年シーズン振り返り:主力離脱が痛手…森下が目覚ましい活躍

広島は佐々岡真司監督が就任し、昨シーズン(4位)からの巻き返しを図るも叶わず5位に終わった。勝率も、2015年以来5年ぶりに5割を下回る4割8分1厘にとどまり苦しい一年だった。 鈴木が5年連続打率3割 …

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

バティスタは『運』が悪かった?「ドーピングで陽性反応」の全内幕!

サビエル・バティスタ外野手がドーピング検査で陽性反応が出た。広島は“3番バッター”を欠いた苦しい試合が続いているが、そもそもプロ野球界のドーピング検査とは、どんなものなのか? 過去には“クロ”の検査結 …

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。 集まった …