カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

6年目・塹江、初の開幕『一軍』入りも目前/今季はひと味違います!

2020年4月16日

6年目・塹江、初の開幕『一軍』入りも目前/今季はひと味違います!

6年目の塹江敦哉は自身初の開幕一軍入り目前に迫っている。ドラフト3位で2015年に入団した左腕。16年に一軍デビューし、3試合に登板。しかしその後2年間は一軍の舞台から遠ざかり、昨季は3年ぶりに一軍戦に出場を果たした。主に中継ぎとして11試合に登板、防御率は6.10だった。

今季は春季キャンプから猛アピールを続けた。最速150キロ超えの力強い直球とスライダーを軸に、オープン戦6試合で、防御率1.23と結果を残した。練習試合でも2試合で無失点を継続。塹江は「春季キャンプの過ごし方を変えた部分はあった。それがうまくいってよかったかなと思います」と振り返った。

考え方をあらためた。「春のキャンプは毎年よくなかった。何か変えないといけないと思った」。昨年までは2月中旬の初実戦で完璧を追い求め、結果が出ないことに気持ちの焦りが生じた。「今年は1年間通した中で、長い期間一軍に貢献できるように準備していこうと」。開幕一軍よりも、その先を見据えた。キャンプでも細かい目標を設定し、そこをクリアするべく日々ベストを尽くしたことで、着実に状態を上げていった。

アピールを続ける左腕に横山投手コーチは「安定した投球を続けている。もともとボールの強さ、スピードを持っている選手。三振も取れるようになったし、良いものをつかんできたと思う」と目を細める。実戦から遠ざかる状況が続く中で左腕は「真っすぐとスライダーを投げられる状態にしておくことが最低限の準備」と引き締めた。目標の50試合登板、最速155キロ到達へ一歩一歩前進する。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

中崎が右膝半月板を手術…今季は本調子とはいかず、36試合の登板

中崎が右膝半月板を手術…今季は本調子とはいかず、36試合の登板

広島は7日、中崎翔太投手(27)が6日に広島市内の病院で「右膝半月板部分切除手術」を行ったことを発表した。 守護神に定着した15年から4年連続で50試合以上に登板し、ブルペンを支えてきた右腕。しかし、 …

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

怒涛の5月攻勢で首位に立ったカープ。本来の得点力も取り戻してナインが盛り上がる場面も増えてきました。その中で最も目立つ男と言えば元気印・上本崇司。 紙面に掲載しきれないほっこりショットが多数ありますの …

大瀬良、来週にも1軍へ!2軍で5回3失点、右脚の状態「不安なし」

大瀬良、来週にも1軍へ!2軍で5回3失点、右脚の状態「不安なし」

右ふくらはぎ痛で離脱中の広島・大瀬良大地投手(29)が11日、ウエスタン・リーグの中日戦(由宇)で実戦復帰した。先発で5回75球を投げて6安打3失点ながら、最重視した右脚については「いろんな動きを10 …