カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

2020年4月19日

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

広島東洋カープが4月18日に公式YouTubeを更新。『鈴木選手による野球教室』が公開され、鈴木誠也選手が自身の打撃理論を解説した。

鈴木選手は、昨年の国別対抗戦プレミア12で日本の4番に座り、打率.444、3本塁打、13打点の打棒で日本の初優勝に貢献した。東京五輪に出場する日本代表でも中軸を打つことが期待されている。

打撃の話や少年時代にやっていたことなど

動画は鈴木選手の打撃練習を至近距離から映す場面でスタート。軽く振っているように見えながらも打球は青空にグングン伸びていく。

この打球を生み出すバッティングについて、鈴木選手は実演を交えながら解説。

「最近はフライボール革命でバットを下から出す選手が多いけど、自分はボールの上を叩くイメージ」

「トップはしっかり深く取って、上から落とすイメージ」

そのほかにボールの捉え方や、捉えるポイントなど現役トップクラスの打撃を惜しげもなく披露した。

動画の後半では子供時代にやっていた練習についての質問も受けた。

鈴木選手は「これといって」と悩んだ様子だが、とにかく「遊ぶのが好きで家にはいなかった。外を走ったり、遊びで野球をやったり。これをやりなさいみたいな練習はなかったけど夢中で野球をやっていた」と野球に熱中した少年時代を振り返った。

(※引用元 SPREAD

関連記事

田中、遊撃争い小園の壁になる!右膝手術から2カ月半、完全復活へ

田中、遊撃争い小園の壁になる!右膝手術から2カ月半、完全復活へ

右膝半月板手術からの復活を目指す広島・田中広輔内野手(30)が9日、正遊撃手として高い壁になる意気込みを示した。廿日市市の大野練習場で復活への階段を順調に登っていた。前進ダッシュし、左右に振られながら …

4番の重圧は全否定も…カープ・鈴木誠也が打撃低迷の『胸中』を激白

4番の重圧は全否定も…カープ・鈴木誠也が打撃低迷の『胸中』を激白

交流戦が終わっても苦戦の続く広島。昨季まで他球団をビビらせた打線が沈黙。中でも深刻なのが主砲の鈴木誠也(24)だ。 交流戦では打率.238、本塁打3。鈴木は自身の現状について「今はとことん悪い。悪いと …

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

現在.328で打率1位の鈴木誠也のすごみは安定感だ。過去ブレークし、スタメンに定着した2016年以来、すべて打率3割超。今季は出塁率.444、長打率.574、得点79はいずれもリーグ1位。波の大きな打 …