カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

松山、恐怖克服した「ENJOY」で難局も突破/苦しいときこそ笑顔

2020年4月22日

松山、恐怖克服した「ENJOY」で難局も突破/苦しいときこそ笑顔

苦しいときこそ笑顔。広島松山竜平外野手(34)が20日、マツダスタジアムで野手陣の班別練習に参加した。

練習時間が限られる中、内野ノックやフリー打撃など軽めの練習で終えた。広島は投手と野手、午前と午後の4班制で練習を行い、1勤1休体制をとっている。限られた時間、与えられた条件の中でも、松山は明るさを忘れない。

練習日、練習時間が制限された中でも、松山は明るい。この日の午前に練習を行ったB班野手の最年長ながら、内野ノックの際には後輩選手からいじられ、「まっちゃん!」の声も飛んだ。

プロ野球の開幕はいつになるか分からない。選手も不安に感じる状況下でも、笑顔は忘れない。「野球を楽しむ」という原点を貫く。いじられキャラとして場を明るくするだけでなく、目の前の一球、一打に集中力を持って取り組む。

1年前の4月20日DeNA戦でプロ初の頭部死球を受けた。翌21日に「脳振とう対象選手」として出場選手登録を外れ、同30日に再登録されたものの、恐怖心はぬぐえなかった。

「正直、怖さはあった。投手に(向かって)入っていこうとしても、体が拒否していたような感じ。それでだんだんと(フォームが)ずれていった」。打率1割台でシーズンを折り返した。

恐怖心を乗り越えるために、原点に立ち返った。「選手である以上、成績を残さないといけないんですけど、やっぱり自分は何よりも野球を楽しくやりたい。楽しみながらやろう」。

グラブに刺しゅうされた「ENJOY」の文字。下を向くのではなく、笑顔で前を向いた。受けるのではなく、攻めに転じた。原点回帰が恐怖心を乗り越えるきっかけとなり、後半戦は56試合で打率2割9分6厘。松山らしさが戻った。

全国に緊急事態宣言が出されたことで、広島の練習は午前と午後に分かれ、1勤1休の4班体制で行われている。

練習量は制限されるものの「試合はできてないけど、こうやって野球をできていることはうれしいことだと思う」。笑顔の松山は下を向かない。前を向く視線の先に、難局を乗り越える道があると信じている。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

手術から復帰を目指す西川が打撃練習再開「確実に行く」開幕へ気合い

手術から復帰を目指す西川が打撃練習再開「確実に行く」開幕へ気合い

右足首の手術から復帰を目指す広島西川龍馬内野手(26)が打撃練習を再開した。今月11日に軽いランニングを再開し、12日にはティー打撃を再開した。昨年11月に受けた「右腓骨(ひこつ)筋腱腱鞘形成術」から …

誠也がスポーツバックス社とマネジメント契約締結、愛理夫人と同所属

誠也がスポーツバックス社とマネジメント契約締結、愛理夫人と同所属

上原浩治氏も反応「広島カープの鈴木誠也が仲間に…嬉しいやん」 広島の鈴木誠也外野手が株式会社スポーツバックスとマネジメント契約を締結したことがわかった。同社が11日付けで発表した。 株式会社スポーツバ …

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

鈴木誠也、若手を指導し新たな打撃論を開眼「新しい発見があった!」

広島・鈴木誠也外野手(25)は21日、“先生役”を通してさらなる進化への手応えを得たことを明かした。6日から宮崎県串間市内で行っていた野間らとの合同自主トレを前日20日に打ち上げて、廿日市市内の大野練 …