カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

松山、恐怖克服した「ENJOY」で難局も突破/苦しいときこそ笑顔

2020年4月22日

松山、恐怖克服した「ENJOY」で難局も突破/苦しいときこそ笑顔

苦しいときこそ笑顔。広島松山竜平外野手(34)が20日、マツダスタジアムで野手陣の班別練習に参加した。

練習時間が限られる中、内野ノックやフリー打撃など軽めの練習で終えた。広島は投手と野手、午前と午後の4班制で練習を行い、1勤1休体制をとっている。限られた時間、与えられた条件の中でも、松山は明るさを忘れない。

練習日、練習時間が制限された中でも、松山は明るい。この日の午前に練習を行ったB班野手の最年長ながら、内野ノックの際には後輩選手からいじられ、「まっちゃん!」の声も飛んだ。

プロ野球の開幕はいつになるか分からない。選手も不安に感じる状況下でも、笑顔は忘れない。「野球を楽しむ」という原点を貫く。いじられキャラとして場を明るくするだけでなく、目の前の一球、一打に集中力を持って取り組む。

1年前の4月20日DeNA戦でプロ初の頭部死球を受けた。翌21日に「脳振とう対象選手」として出場選手登録を外れ、同30日に再登録されたものの、恐怖心はぬぐえなかった。

「正直、怖さはあった。投手に(向かって)入っていこうとしても、体が拒否していたような感じ。それでだんだんと(フォームが)ずれていった」。打率1割台でシーズンを折り返した。

恐怖心を乗り越えるために、原点に立ち返った。「選手である以上、成績を残さないといけないんですけど、やっぱり自分は何よりも野球を楽しくやりたい。楽しみながらやろう」。

グラブに刺しゅうされた「ENJOY」の文字。下を向くのではなく、笑顔で前を向いた。受けるのではなく、攻めに転じた。原点回帰が恐怖心を乗り越えるきっかけとなり、後半戦は56試合で打率2割9分6厘。松山らしさが戻った。

全国に緊急事態宣言が出されたことで、広島の練習は午前と午後に分かれ、1勤1休の4班体制で行われている。

練習量は制限されるものの「試合はできてないけど、こうやって野球をできていることはうれしいことだと思う」。笑顔の松山は下を向かない。前を向く視線の先に、難局を乗り越える道があると信じている。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

バティスタ、故意のドーピングを否定「どうか私を信じてください!」

バティスタ、故意のドーピングを否定「どうか私を信じてください!」

アンチ・ドーピング規定違反の制裁を受けた広島のサビエル・バティスタ外野手(27)は3日、球団広報を通してコメントを発表した。 以下は全文。 「今回、このような事態を招いてしまいました。NPB、広島東洋 …

新守護神・フランスア、『圧巻』の初セーブも指揮官は「中崎待ち」?

新守護神・フランスア、『圧巻』の初セーブも指揮官は「中崎待ち」?

1点リードで迎えた最終回。いつもなら、広島ファンの胃がキリキリする点差だが、9日のソフトバンク戦は違った。“新守護神”の名前がコールされると、マツダスタジアムは大歓声。その期待に応えて、左腕のフランス …

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

三好匠と石原貴規、送球を『シュート回転』で曲げるふたりの秘密!

シュートを投げる。投手ではない。野手の話である。広島の捕手と内野手の中で、それぞれトップクラスの送球の安定感を誇る2人。ドラフト5位・石原貴規捕手(22、天理大)と三好匠内野手(26)は、送球を“変化 …