カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村恭平、入団前からの目標160キロに接近!/わがチームの速球王

2020年4月23日

中村恭平、入団前からの目標160キロに接近!/わがチームの速球王

入団前から掲げていた「160キロ」が目前に迫っている。中村恭平はプロ9年目の昨季、自己最多を大幅に上回る43試合に登板し、0勝1敗12ホールド、防御率2.64を記録。後半はセットアッパーを任されるなど、飛躍の年になった。

直球はこれまでの自己最速を更新する156キロを計測。「(昨季は)平均して150キロくらい出ていた。もうちょっと速くなる余地はある」と大台到達を狙う。

最速153キロ左腕として、富士大から2011年にドラフト2位で入団。その時代から「160キロ投げたい」と豪語してきた。18年以前は13年の12試合登板が最多で、二軍で多くの時間を過ごしてきた苦労人。

「結果を出すには進化しないといけない」と、長所でもあった直球に磨きをかけるべく、18年オフから上半身のトレーニングを重点的に行うようになり、球速の向上につなげたという。

「見栄え」も球速アップのきっかけの一つだ。「見栄え良く鍛えていたら、バランス良く鍛えられた」。アームカールで腕の筋肉を鍛え上げ、ラットプルダウンやデッドリフトで背筋を増強させた。

「『背中がでかくなった』とみんなに言われました。背中のトレーニングが一番効果が出ていると思います」と手応えを口にした。

大きな期待を背負って始まった今季だったが、思わぬアクシデントが左腕を襲った。

2月の春季キャンプ終盤に、「右腹直筋損傷」で離脱。リハビリ生活を余儀なくされた。既にブルペン投球を再開しており、完全復帰へ向けて順調に歩みを進めている。大志を抱くプロ10年目左腕が放つ剛球に、今季は注目だ。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

元広島・外木場氏、D1・森下フォーム絶賛「脚と腕が連動している」

元広島・外木場氏、D1・森下フォーム絶賛「脚と腕が連動している」

広島で通算3度のノーヒットノーラン(うち完全試合1度)を達成したレジェンド、外木場義郎氏(74)が16日、廿日市市の大野練習場で行われている新人合同自主トレを視察。ドラフト1位・森下暢仁投手(22)= …

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

不振をスランプと捉えるか、実力と受け止めるか。広島・小園海斗内野手(20)は、現状を潔く認めて精進する。 高卒1年目だった昨季、一時打率3割を超えても、2割台前半にまで落ち込んでも、「調子とかを語れる …

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

広島大瀬良大地投手(27)が14日、熊本での「マイナビオールスターゲーム2018」第2戦で球宴初登板した。今季は前半戦だけで自己タイの2桁10勝をマーク。首位を走るチームをけん引する。試合後、日刊スポ …