カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今村、片足フィニッシュで球速UP…左足の反動生かす『黒田流』に!

2020年5月11日

今村、片足フィニッシュで球速UP…左足の反動生かす『黒田流』に!

広島の今村猛投手(29)が10日、廿日市市の大野練習場で行われた2軍「通い組」の練習に参加し、左足の反動を生かして球速アップを目指すことに意気込んだ。投球後に左膝が伸びた状態を保てれば、腕が振れて質の高い直球を投げ込めると分析する。

“片足フィニッシュ”で速球を投げ込み、復活への歩みを進めていく。

静かな語り口とは裏腹に、内に秘めた闘志が今村の胸にはある。求めるのは、質の高い直球。「真っすぐで、いい球を投げられないと勝負できないので」と話す通り、この日のブルペンは約40球、全て直球を投げ込んだ。

ブルペン投球の終盤には、左足の着地を確認し「地面の反発というか、左足の反動を使って腕を振りたい」と取り組みを明かす。「投げるタイミング、バランスが良ければ片足でフィニッシュが取れると思うので、それができれば」と投球後に左足一本で立つ姿を目指していく。

もちろん、全球その姿を再現できるとは限らず「できない時でもいいボールが投げられるように」と冷静さも忘れない。

具体的な理想には「黒田さんも左足が伸びるような形だった」と球団OB・黒田博樹氏(45)の名を挙げ「大リーグの投手も左足を伸びるようにして投げる人が多い。そういう形の方がスピードが出るのかな」と“片足フィニッシュ”の効果を分析した。

左足の反発力を生かせば「自然と腕も、もっと振れるようになるかな」と話し「理想としては、150キロを投げられれば」と力強い速球を取り戻す一助にもなりうる。昨季はわずか27試合の登板に終わった今村が、虎視たんたんと逆襲を狙う。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

菊池「やるしかない!」、田中「まだ4月、昔も負けた時期はあった」

菊池「やるしかない!」、田中「まだ4月、昔も負けた時期はあった」

じたばたしない!最下位に沈む広島のタナキクコンビが15日、逆襲への思いを語った。開幕5カード連続負け越しで4勝11敗、首位に6ゲーム差をつけられているが、闘志は衰えていない。チームを引っ張る菊池涼介内 …

西川龍馬が2戦連発!日本ハム・近藤の母の手料理で、5キロの体重増

西川龍馬が2戦連発!日本ハム・近藤の母の手料理で、5キロの体重増

広島西川龍馬内野手(25)が16日、2試合連続となる推定飛距離140メートルの特大の1発を放った。中日との練習試合(北谷)で3番左翼でスタメン出場。15日阪神との練習試合に続く豪快な1発で「3番」の座 …

小園海斗が1発含む3安打「まだまだ、広輔さんに追いつけない…」

小園海斗が1発含む3安打「まだまだ、広輔さんに追いつけない…」

<みやざきフェニックスリーグ:広島-西武>◇20日◇日南 広島小園海斗内野手がみやざきフェニックス・リーグ西武戦(日南)で1発を含む3安打を放ち、遊撃取りをアピールした。 3番二塁で先発し、3回に渡辺 …