カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球『自粛期間の自主練習』でわかった選手たちのオモテとウラ…

2020年5月19日

プロ野球『自粛期間の自主練習』でわかった選手たちのオモテとウラ…

「人間性がよくわかります」

6月中の開幕に向けて12球団が準備を進める中、ある球団の首脳陣の一人は、これまでの自主練習により、選手の新たな一面が見えたという。

自主練習の内容は、選手個々の判断に任されることが多い。球団によっては首脳陣が自宅待機をしているケースもあり、練習に参加した場合でも選手の動きを見守る程度。“ソーシャルディスタンス”を取っている分、これまでわからなかった選手の性格や人間性が顕著に表れるというのだ。

前出の球団首脳陣が言う。

「特に選手個々の意識の差を感じます。極端な話、自主練習なので練習はやってもやらなくてもいいのですが、自分で決めたウエートなどのメニューを黙々とこなす選手がいる一方で、気が緩んでいると感じる選手もいる。動きや体つきからもわかりますが、例えば、普段はヒゲを剃っているのに無精ひげを生やしているというのはマシな方で、監督が視察に来た途端に急に掛け声を出したり、一生懸命ランニングを始めたりと。要領がいいと言えば聞こえはいいですが、意外としっかりしているなと思っていた選手がそうでないとわかれば、やっぱり見る目は変わりますね」

自粛期間に2度もゴルフを

別の球団の首脳陣からはこんな声が聞かれた。

「3月末に阪神の藤浪ら3選手が新型コロナウイルスに感染したこともあり、各球団の選手の行動は緊急事態宣言の有無にかかわらず大きく制限されている。基本的に練習以外の不要不急の外出は禁止され、外食はもちろん、スーパーやコンビニなどでの買い物すら自粛を心がけている選手もいる。主に球場と自宅を往復することしかできず、精神的にツライ思いをしている。そんな選手がいるにもかかわらず、あるセ球団の選手は、緊急事態宣言発令中のさなかに、2度もゴルフコースで遊んでいたと聞いた。ゴルフ場は緊急事態宣言の自粛対象にはなっていませんからね。チーム内での信用問題に関わってきます」

自主練習を視察した首脳陣が、選手の状態を監督や編成幹部に報告するケースもある。公式戦が縮小される今季、試合の結果だけでなく、自主練習期間中の行動が評価の対象になる可能性もある。

単なる自主練習と侮っていたら、オフの契約更改で痛い目を見るかもしれない。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

佐々岡カープの雰囲気は『快晴』!嫌われ役も鬼軍曹もいない組織作り

佐々岡カープの雰囲気は『快晴』!嫌われ役も鬼軍曹もいない組織作り

時代によって、組織は変わっていかなければ戦えないし、生き残っていけない。 時代性を感じ取ることは難しく、先取りすることはより難しい。ただ意図せず時代の先を行っていることも稀にある。果たして、佐々岡真司 …

石井コーチ退団へ、最も印象に残ったシーンは苦労人のプロ初安打

石井コーチ退団へ、最も印象に残ったシーンは苦労人のプロ初安打

広島・石井琢朗打撃コーチ(47)が、10月5日にマツダスタジアムで会見に臨み、今季限りで退団することを発表した。退団の理由は、東京で離れて暮らす家族の存在だった。 「一番の理由は家族です。『戻ってきて …

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

カープ打順固定が鍵、西川の1番資質は十分/広瀬叔功・評論家コラム

広島西川が先頭打者本塁打を放った。ストレートを2球見逃し、3球目の内角へのチェンジアップも見逃してカウント1-2。4球目のやや高めの145キロの直球をひと振りで仕留め、右翼スタンドに運んだ。 見事な先 …