カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

夢は「カープの始球式」! 弱音を吐かない努力家、STU48甲斐心愛

2020年5月31日

夢は「カープの始球式」! 弱音を吐かない努力家、STU48甲斐心愛

今年の目標はカープ女子らしく「スラィリーみたいなSTU48のマスコット的な存在に」

瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、新型コロナウイルスによる苦境を乗り越え、グループ結成4年目となる2020年のさらなる飛躍を目指す。

メンバーが日替わりでオリジナル体操をする「みんなでSTU体操」など、支えてくれるファンとともにさまざまな試みを行うなか、メンバーは今、どのように過ごしているのか。今後挑戦したいことを含めて紹介していく。

16歳の甲斐心愛は、グループに活力をもたらす太陽のような存在だ。純粋無垢な笑顔、物怖じしない性格が生み出すエネルギーと一体感は、STU48にとって不可欠。

キャッチフレーズに「いつも心に愛を!」とあるように、持って生まれた“人に愛される力”により、彼女の周りは温かさと思いやりであふれている。キャプテンの今村美月も、「明るい性格なので、心愛がいてくれるだけで周りが元気になります」と話す。

人一倍負けず嫌いで、弱音を吐かずどんなことにも食らいついていく根性の持ち主でもある甲斐。メンバーの石田みなみが「自分にも厳しいから、できないことはできるまでとことんやる」と明かすように、学業との両立で時間が限られるなかでも歌やダンスをしっかり習得してきた。

2ndシングル「風を待つ」で自身初の選抜メンバー入り、以降のシングルすべてで選抜に名を連ねてきたのも、その努力の賜物だろう。

広島で生まれ育った甲斐がSTU48とともに情熱を注ぐのが、広島東洋カープだ。父親をはじめ「先祖代々カープファン」の一家に生まれた彼女は、幼い頃から球場に足を運んで観戦するなど“英才教育”を受けてきた。その熱烈ぶりは、靴から持ち歩いているカバンまで全身カープグッズで染まっているほど。

「2020年はカープで言うスラィリーみたいな、STU48のマスコット的な存在になりたい」とカープになぞらえて目標を掲げるあたりは、なんともカープ女子らしい。

「おうち時間」が増えた最近は、「お菓子作りをして、クッキーとかを焼いています」と甲斐。今後挑戦してみたいことは、念願の「カープの始球式」を実現させることだという。

持ち前の元気と明るさで、甲斐は今日もSTU48を照らし続ける。

(※引用元 ENCOUNT

関連記事

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

カープ女子必見!今では考えられない「暗黒カープあるある」80連発

「カープ女子」という言葉が流行語となったのは2014年あたり。あれから6年、カープの人気は衰えるどころか今なお勢いを増している。カープとはもちろん、プロ野球の広島東洋カープのことだ。 2016年~20 …

緒方監督、何とも消化不良な試合で、中日戦に大敗…1日で3位へ転落

緒方監督、何とも消化不良な試合で、中日戦に大敗…1日で3位へ転落

◇セ・リーグ 広島4-10中日(2019年8月25日 ナゴヤD) 何とも消化不良の試合だった。広島は25日の中日戦に大敗し、またしても3位に後退した。6回1死満塁でベンチが動かず「0」を刻むと、2点差 …

緒方監督、4年ぶり単独最下位「ああ、そう。オレの責任」/一問一答

緒方監督、4年ぶり単独最下位「ああ、そう。オレの責任」/一問一答

広島は昨年3勝9敗のナゴヤドームでの今季初戦を、逆転負けで落とした。単独最下位となるのは15年6月24日以来、4年ぶり。緒方孝市監督(50)の一問一答は以下の通り。 -ナゴヤドームはやりにくいか 緒方 …