カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大穴急浮上!メヒア脱力打法で実戦3戦連発…外国人争い熾烈も存在感

2020年6月2日

大穴急浮上!メヒア脱力打法で実戦3戦連発…外国人争い熾烈も存在感

<練習試合:阪神3-2広島>◇2日◇甲子園

大穴急浮上!! 広島アレハンドロ・メヒア内野手(27)が2日、対外試合再開初戦の阪神との練習試合(甲子園)で1発を放った。29、30日の紅白戦に続き、実戦3戦連発と持ち前の長打力をアピール。外国人枠を争うライバルたちが精彩を欠く中、存在感を示している。

この日出場した外国人4選手の中で一番の輝きを放った。3点ビハインドの7回。メヒアは高めの149キロ直球に、バットを払うようにたたいた。阪神4番手小川が投じた白球はバックスクリーン左へ一直線。外国人枠争いの当落線上から、30日までの紅白戦に続いて3戦連発の長打力を見せつけた。

「紅白戦よりも集中力は高くなる。コンパクトに振れている。ボール球に手を出していない」

現状4つの外国人枠を6選手で争う。メヒアの序列は最後列だった。沖縄2次キャンプの第1クール終了時に、外国人最速で2軍降格。

一時は開幕1軍に黄色信号がともったものの、コロナ禍で開幕が遅れ、ピレラの離脱を受けて1軍に復帰した。黙々と練習に取り組み、結果と内容でアピール。序列は着実に上がり、首脳陣の構想の中にも入ってきた。

2軍では18年に3冠王、19年は2冠獲得した。1軍では18年は22試合、19年も56試合の出場にとどまった。2軍のような打棒を発揮できない一因に精神面の弱さがあった。グリップの位置を下げ、バットを捕手側へ寝かせる新打法に取り組み、力まない“脱力打法”を意識する。

「これまでの経験を生かしながら、反省を込めて打つことを考えている」。力んで打ち損じてきた過去の自分も振り払っているようだ。

抑え候補だったフランスアやD・ジョンソンの状態が上がらず、外国人枠の構想は当初予定の投手3、野手1から投手2、野手2のプランも挙がる。佐々岡監督は「結果も出ているので自信にしてほしい。外国人枠争いがある中でアピールになったと思う」と評価する。

外国人争い大穴だったメヒアが狙うのは開幕1軍ではない。「自信がある」。大きな胸を張って言う、開幕スタメンだ。(前原淳)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

首位ターン!3年連続で、5ゲーム差以上なら『プロ野球史上初』

首位ターン!3年連続で、5ゲーム差以上なら『プロ野球史上初』

広島が球宴までの前半戦首位を決めた。広島の首位ターンは3年連続8度目。 セ・リーグで3年以上続けて前半戦首位は51~56年巨人、65~71年巨人、74~76年阪神、87~90年巨人、12~14年巨人に …

『投壊カープ』が、いつの間にか…防御率・リーグトップの紆余曲折!

『投壊カープ』が、いつの間にか…防御率・リーグトップの紆余曲折!

不安定な投手陣。リーグ3連覇を達成した広島の以前からの課題だった。最下位にあえいでいた開幕1カ月はその懸念材料が露呈していたが、ここにきて大きく改善されてきた。 14日現在、チーム防御率はリーグトップ …

カープ、交流戦(18試合制)での『104失点』は、ワーストタイ…

カープ、交流戦(18試合制)での『104失点』は、ワーストタイ…

交流戦が18試合制となった15年以降のチーム100失点以上は3度目で、104失点は16年のヤクルトに並ぶワースト。 過去2度の100失点以上は、16年ヤクルトが最下位、17年ヤクルトが5位でシーズンを …